【Logic Pro X】グローバルトラックの「アレンジメントトラック」と「マーカートラック」について考察

【Logic Pro X】グローバルトラックの「アレンジメントトラック」と「マーカートラック」について考察

ども、シゲです。

グローバルトラックの「アレンジメントトラック」と「マーカートラック」。似て非なるものでいまいち使い方がピンとこなかったので、具体的にどんな違いがあるのかを調べてみました。

ま、実際は気にせず使って行ってもらってもいいんですけど、違いがわかった方がより効率的な作業ができそうな気がしたのでメモ。

曲作りには直接関わってこない部分なので、興味のない人はさらっと閉じてください。

▼グローバルトラックについて詳しくチェックしたい方はこちらからどうぞ。

参考リンク 【Logic Pro X】曲(プロジェクト)を効率良くアレンジするグローバルトラックの概要とそれぞれの機能・使い方 | カラフル!

それではまいりましょー!

 

アレンジメントトラックとマーカー

どーみても似たような扱いになっているからどっちも使う必要ないと思うんですけど、Logic Pro Xがそうしているってことは分けているのにはきっと意味があるはず。

それぞれプルダウンからできることをチェックしてみると…

H0o4ue7Pkm

アレンジメントの方は【コンテンツ接続を中断】という項目だけしか出てきません。おい、コンテンツ接続を中断ってなんやねん。それに対してマーカーの方は…

  • マーカーセット】・・・マーカーの保存や名前の変更、セットのコピーや削除ができる
  • リージョンからマーカーを作成】・・・選択しているリージョンからマーカーをつくる
  • アレンジメントマーカーから作成】・・・すでに作ってあるアレンジメントマーカーと同じマーカーが作れる
  • アレンジメントマーカーに変換】・・・現在のマーカーをそのままアレンジメントマーカーにコピーできる

やれることはマーカーの方が多く、アレンジメントマーカーを先に作っていたとしてもそれをマーカーにコピーすることもできるし、逆にマーカーからアレンジメントマーカーにコピーすることもできます。

っていうことはどっちから作ってもいいってことだけど、これなら両方の機能を一緒にしたアレンジメントマーカーっていう一本だけで十分だと思うな。

二つ分ける必要のある理由が見つからぬ…

マーカーが先かアレンジメントマーカーが先か

できることが多いマーカーの方で先に作ってみるといきなりつまづいた。アレンジメントマーカーの方は【+】で追加するごとにイントロ、ヴァース、ブリッジ…というふうに構成順にセクションが増えていくんですが、マーカーの方は再生ヘッドからしか追加されない。

これだと作業している箇所からしかセクション分けできないことになる。

スクリーンショット 2016-08-24 17.40.49

アレンジメントマーカーで構成決めると、ちゃんと構成それぞれに名前がふってある(イントロ、ヴァースとか)からそのまま使えるのもいい感じ。(マーカーだとマーカー1とかになっちゃうからいちいち変える必要がある)

▼先にこうやって構成考えてからマーカーにコピーしたほうがよさそう。(わかりやすいし)

3ENrzXcvWq

サビから作る場合も、イントロから作る場合もこれで十分対処できる気がする。仮にサビ(コーラス)から作ったとしてもアレンジメントの枠を伸ばすことで、調整が可能だし。

▼曲のトップにいきなりサビもっていきたいと思っても移動させることができる。【option】押しながらドラッグするとアレンジメントマーカーは、ドラッグした場所に同じセクションをコピーすることができる!これは便利!

mfjA0vrIh5

▼あとはこれで構成が出来上がったらマーカーにコピーして、グローバルトラックを閉じても構成が見えるように使ったらいいんじゃないかな?あってんのかなこれで。

WbexL21GIU

まとめ

グローバルトラックのアレンジメントとマーカーについてちょっと考えてみましたが、こんな感じで使っていくのが僕的に一番しっくりきました。

本来の使い方はどうかちょっとわかりませんでしたが、こうやってアレンジメントで曲の構成をリミックスしたりするときぐらいしか使わないのかな?(もっと詳しくてわかる人いたら教えてください!)

なんにせよいきなりめちゃくちゃ使う機能でもなさそうだから、とりあえず備忘録代わりにメモしておきました。

編曲をする人なんかは重宝する機能かもしれませんね!

ではまた〜

Logic Pro X

23,800円
(2016.08.07時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)