「月たった2万円のふたりごはん」は同棲始めたらカップルで読んで欲しい

「月たった2万円のふたりごはん」は同棲始めたらカップルで読んで欲しい

ロハコでまとめ買いしたり、1週間のメニューを決めて食費の節約に励んでいますがそんな時に手に取った一冊の本。

月たった2万円のふたりごはん」です。

夢を追いかける2人が唯一削れる食費を節約し、月に2万円の食費でも楽しく美味しく暮らせるように努力した節約レシピ本です。

毎日の暮らしを前向きに生きていく著者の人柄がうかがえる素敵な本なので、同棲中のカップルや夢やなにかを達成するためにお金を貯めている人には一読してもらいたい本です。

本の中身

基本的にはイラストで描かれているので料理初心者の人でもとっつきやすく、カラフルな本のデザインなど好感が持ててグッド。

中でも小難しい説明はなく、シンプルな調理法なのが嬉しい。

使う食材もいたって一般的なものばかりで、よくあるレシピ本にありがちな「これほかの料理にどう使えばいいのかわからない」ような謎なものはありませんので安心。

料理のエピソードや旦那さんとのコミュニケーションがほっこりするので見ていて楽しいし、「あ、このやり方これにも応用できるかも」という新しい発見があったりするので料理のアイデアのいいエッセンスになります。

料理ごとのテーマも、

  • とり肉アレンジメニュー
  • 良いことあった日メニュー
  • しっかりお野菜メニュー
  • とことん缶詰め、乾物メニュー
  • 大豆製品は友達メニュー
  • ちょっとおつまみメニュー

とユニーク。わかりやすくシンプルで、かつ貧乏くさくならないポップさが実に楽しい。

自分も自分のお店をもつために安月給の中から節約しながら自炊したことや、それでも毎日楽しかったことを思い出させてくれる一冊でした。

サッポロ一番塩ラーメンのアレンジ電子レンジで作る水餃子炊飯器で作るチャーハンなど。僕もこんなズボラ料理作るのでめっちゃ共感できました。

それも若い頃にいかに安く、いかに簡単に美味しいご飯を作れるかという思いから。

一人暮らしのあなたにもきっと役に立つ一冊です。

まとめ:楽しく節約したいカップルは見てほしい

Avatar image
シゲ
夢を追いかけてる人にとっては共感できる生き方だし、何よりそれをネガティブではなくポジティブに考えることが素敵。

なんか上京してきたときのあの頃の思いとか思い出して、ちょっとセンチメンタルになりました。15年前にこの本があったらもう少し料理の腕も上がってたんじゃないかな。

結婚するのにお金貯めたいけど…みたいなカップルとかに読んでほしいですね。

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)