セブンプレミアムのラグジュアリーソフトティシューでセレブリティ

セブンプレミアムのラグジュアリーソフトティシューでセレブリティ

「の」と「で」以外はすべてカタカナという斬新なタイトルからすでにラグジュアリー感満載でスタート。

あなたはお気づきのはずだ。そう、あなたの周りで起こる日常多くのことをティッシュで乗り越えてきているはずだ。

  • 辛い時
  • 悲しい時
  • 寂しい時
  • 嬉しい時
  • 鼻すする時
  • くしゃみ時
  • 花粉時
  • 風邪時
  • ドキッ
  • ドキドキッ!

こんなネセサリーでエモーショナルな瞬間を、まさかそのへんで売っているような安売りのティッシュでなかった事にしてしまうというのか。

そんな時は思い出して。

「セブンプレミアムのラグジュアリーソフトティシュー」のことを。

ティッシュとティシューの違いを誰か教えて。

セブンプレミアムのラグジュアリーソフトティシュー

ボックスはすべてを閉ざす漆黒の佇まい。シルバーの刻印がクールさを演出。

上からもラグジュアリー。角度が変わっただけであるが、クールな表情しかできないわけじゃない。パイン集成材とだって仲良くできるくらいソーカジュアリー。

斜めからだって男前。その前に男かどうか疑問だ。まさに死角なし。なんてカジュアリスト。

切り口ももちろんセレブレティ。あなたの指を怪我させることなどありません。もはやこのボックス自体がサンクチュアリ。あなたを世の危険全てから守ります。

見てくれ。こんなにも主張が強いティッシュは他にない。白と黒のコントラストがクロスオーバー。振り切れた。

もう気軽にエロ本のそばになんておいておけない。

テクスチャーが伝わるといいが。僕の拙い撮影技術ではその魅力を2%くらいしか伝えられない。つまりリアルでお目にかかればこの50倍程の感動があることをお約束しよう。(個人によって感覚に誤差はあります)

絹のようななめらかさ。持ち上げた時の軽さやブラックボディとの重なり。カッコイイ。だが残念ながらこのカッコよさを表現する言葉は現世にはまだ存在しない。言葉なんてもう要らない、さあ抱いてくれ。

一枚引きずり出してみた。ブラックボディから解き放たれたバージンティシューはなんてセクシー。日常で交わされる「ティッシュ1枚ちょうだい」なんて会話、もはやセクハラだ。

まとめ︰まとまらないくらいラグジュアリー

Avatar image
シゲ
黒背景にしたらもっとラグジュアリーだったんだろうなと、学びがあったのでよかった。よし、背景用の紙を買ってこよう。

ちなみにこのティッシュは全国各地のセブンイレブンで簡単に手に入るのだから驚きだ。

ここまでラグジュアリーでセレブレティなティシューはそうないので、一度使っていただけたらあなたもセレブの仲間入りだ。

なんてプレミアム。

次は「セブンプレミアムの鈴カステラ」の記事をどうぞ!

セブンプレミアムの魅力を余すことなく伝えて大満足。あなたの身近にこんなにもプレミアムがたくさん。ぜひこのセブンプレミアムの鈴カステラの記事も合わせて読んでほしい。

どれだけプレミアムかあなたに伝わるだろうか?

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)