【Logic Pro X】ドラムキットの音(ハイハットやスネアなど)がどのMIDIノートか確認する方法と一覧表

【Logic Pro X】ドラムキットの音(ハイハットやスネアなど)がどのMIDIノートか確認する方法と一覧表

ども、シゲです。

Logic Pro Xでまた嬉しいもん見つけてしまいました。ドラムやっている人はチェックした方がいいでっせ!(僕が知らなかっただけ)

Logic Pro Xに限らず多くのDAWでドラムの打ち込みをするときは、ドラムパッドやMIDIキーボードを使うと思います。僕なんかはKORGのpadKONTROL使ってますけどね。

参考リンク KORG padKONTROL(コルグパッドコントロール)はドラム経験者なら一番オススメなフィンガードラムパッドのMIDIコントローラー | カラフル!

普通のシンセやピアノなんかのソフトウェア音源をMIDIキーボードで演奏するときって、どの鍵盤にも音がアサインされています。でもドラムキットの場合だと使えるキーが決まっていて、音がなるキーとならないキーがあるんです。

キーボードならすべてのMIDIノートを鳴らせますが、特にドラムパッドで打ち込みをする場合は16パッドしかないのでいちいちシーンを変えないといけないのが面倒です。

しかもこの音ハイハットかな?それともフットのクローズかな?スネアの音はリムショットかな?それとも普通にスネアのセンター叩いた音かな?と、細かい音がドラムキットの種類によって違うので判別しづらいです。

なんとなく聞いて多分これかなーって思っても、ドラムキットを変えると音が思ってたのと違う場合があったりします。今回はそんなときの解消法をメモ。

打ち込みのときにパッドやMIDIキーボードの鍵盤にアサインしている音の種類を確認する方法です。

言葉で言うと難しいんですけど、簡単に言うと「ここ叩いたら何の音がなってるの?」ってのを確認できる方法です。ややこしいな。

まあいいや、それではまいりましょー!

ドラムキットの音が何の音が確認する方法

▼Logic Pro XにはMIDIで打ち込みをするとMIDIリージョンが作られます。緑色のリージョンがMIDIリージョンですね。

ここをダブルクリックする(もしくはキーボードで【P】を押す)と下にピアノロールが表示されます。これはMIDIリージョンのデータを拡大表示したものです。

▼すると左側にピアノの鍵盤がありますが、その鍵盤にアサインされている音が右側のエディタにMIDIとして打ち込まれています。

この画面上で【option】キーを押しながら上下にドラッグすると拡大・縮小ができます。すると…

拡大するとそのキーにアサインされているドラムキットの各音色が表示されます。これめっちゃ便利です!英語で表示されていますが、どの音かはわかりやすくなると思います。

▼ピアノロールエディタの上部にあるバーのこのマークを押すことで、打ち込まれているMIDIノートの音色を確認することもできます。

左側にノートが表示されているので、あとはこのノートを元にKORG padKONTROLなどのドラムパッドにアサインしていくとわかりやすいですね!

MIDIノートの一覧表

Logic Pro XのドラムキットMIDIノート一覧表を作ってみました。初めてドラムのMIDI打ち込みをする人や、ドラムパッドにドラムキットを作るときに役にたつと思います。

MIDIノート ドラムキットの音色
D#4 Count-in/Clave
A#3 Shaker
B2 Ride In
A2 Crash Right
G#2 Cowbell
F#2 Tambourine
F2 Ride Bell
E2 Ride Edge
D#2 Ride Out
D2 Hi Tom
C#2 Crash Left
C2 Hi Tom
B1 Mid Tom
A#1 Hi-Hat Open
A1 Mid Tom
G#1 Hi-Hat Foot Close
G1 Low Tom
F#1 Hi-Hat Closed
F1 Low Tom
E1 Snare Rimshot
D#1 Hand Claps
D1 Snare Center
C#1 Snare Sidestick
C1 Kick
B0 Kick
A#0 Snare Edge
A0 Hi-Hat Foot Closed
G#0 Snare Rimshot Edge
G0 Hi-Hat Foot Splash
F0 Crash Right Stop
E0 Crash Left Stop

あとは欲しい音を各パッドにアサインしていくと簡単にオリジナルのドラムセットが完成です。

▼KORGのpadKONTROL使うならもう一度設定方法もご紹介。

参考リンク KORG padKONTROLのパッドに音(MIDIノート)を登録(アサイン)してシーンを保存する手順 | カラフル!

しかしこうしてみるとスプラッシュシンバルが欲しいところです…。ない音は外部音源などでうまくやっていくしかなさそうですけど、基本的なドラムの音色は網羅していると思うのでこれで十分楽しめますね。

まとめ

今回はLogic Pro XでのドラムキットのMIDIノートについてのメモでした。

意外と気づかなかった【option】キーの使い方や、ドラムキットの音色の全体像の把握などドラマーにとっては嬉しい発見でした!

これで思い思いのドラムセットで打ち込みができるようになりますね。

ではまた〜

Logic Pro X

23,800円
(2016.08.07時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)