iPhone Xのカメラで本格的な写真撮影に向き合うぞ

iPhone Xのカメラで本格的な写真撮影に向き合うぞ

今までFUJIFILMで撮る写真が大好きでFUJIFILMの虜になってましたが、iPhone Xを手にしてからはなかなか出番もなくむしろ「iPhone Xこそ自分にぴったりのカメラなのでは?」と思うようになりました。

生活すらも変えてしまうiPhone X。

➡︎ iPhone Xにかえて生活がけっこう変わりました | カラフル!

カメラを趣味としている人にとっては「そんな小型のセンサーでいい写真が撮れるわけがない」なんて思う人もいるかもしれませんが、そもそも僕は子供の写真撮るためにカメラを趣味としているので、正直iPhoneで撮る写真がいい感じならそれが一番。

➡︎ 子供の写真を撮るためにカメラを買ったのだから親バカと言われても構わない | カラフル!

もうメインのカメラはiPhone Xでいいんじゃないかとさえ。それくらいiPhone Xのカメラには魅力がある。

とはいえレンズ交換式のカメラにしかできないことがあるのも事実なので「ならいっそのことiPhone Xでそれができないか」という考えに至りました。

よし、iPhone Xで使えるマウントに移行しよう。んでこれを買うことに決定。

iPhone Xのグリップ付きケースと交換レンズ2本。プラスフィルター。これで撮りたい写真撮りまくります。

くわしくはこちら。

➡︎ bitplay SNAP!X

SNAP!Xのケースとbitplayの望遠・広角レンズ

これがあればiPhone Xのポテンシャルを最大限に引き出せるセット。写真は本体やレンズで決まるわけではなくてあくまで表現するツールです。

それを撮り手がどれだけ最適化できるかも重要だと思ったのでガンガン課金しましょう。

といってもFUJIFILMのカメラ・レンズに比べたら投資するハードルも低く、なによりフットワークも軽い。いつでもカバンに忍ばせておいて思いついた時にパッと撮れる。これこそ最強の布陣。

せっかくなんでレビューしておきましょう。

まずはケース。かなりしっかりとしてて防御力も高い。iPhone Xにしてからいろんなケース試しましたがこれが一番手にしっくりくる。

iPhone Xでの撮影に特化しているためケースにハンドグリップが付属。片手で構える時にグッド。

物理シャッターボタンも搭載。カメラに近いタッチフィーリングで撮影できて嬉しい。

構えるとこんな感じ。1人でこれ撮る時死ぬかと思った。

レンズは2種類。広角と望遠、それとフィルター買いました。

つけた感じはこんな感じ。レンズでかっ、しかし今までのFUJIFILM X-T1やXF90mmとかに比べたらマジで小さい。

リュックのサイドポケットに入るのでこれは持ち運びに難がなさそう。軽いは正義。

まとめ:これでiPhone Xだけでフォトウォークしたら楽しそう

Avatar image
シゲ
作例はまだ撮ってないのでこのセットでフォトウォークに行って見たいと思います。これである程度撮れるならiPhone Xがマジでメイン機になりうる。

この最小セットのみでしか撮れない写真を撮れるようになりたい。そのためにはいつもそばにいい感じのカメラを置いておくことが必要。あとはセンス磨くのみ。

これとFUJIFILMのカメラでベストショットを狙って行く。

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)