栃木の日本酒「鳳凰美田」を頂いた

栃木の日本酒「鳳凰美田」を頂いた

奥さんのおばあちゃんちが栃木県なんですが、そのお土産に日本酒「鳳凰美田」をいただきました。小林酒造という栃木を代表する酒造のものらしいですが、今回初めて飲むお酒です。

お酒ってなんか黒背景似合いますね。ライティングもう少し工夫して練習が必要。

どうやらこの鳳凰美田、栃木の日本酒ランキング2018で1位をとったやつだとか。かなりメジャーなお酒のようです。知らなかったけど。

評価も高いので期待できそう!いただきます。

栃木の日本酒「鳳凰美田」

やっぱり白背景のほうが落ち着きますね。早速頂いていきましょう。

フォントがフォントうにイカしてる。僕の名前もこれで書いてほしい。カッチョいい。

なんか上品な感じの佇まい。ちなみにお酒飲んでますけれどもコレ夜中に撮ってますので安心してください。

飲んでみた感じは「甘いっ」て感じ。常温で飲んでみましたがフルーティな口当たりはレビュー通りです。が、冷で飲むのが良さそう。も少しキリッとしてるのが好きだなあ。

それか甘さを更にマシマシにするのにあえての熱燗もありかな。後味は悪くないし、甘めな割に口の中に残る感じでもない。まだ肌寒い夜に窓を開けて「甘いっ」て言いながら熱燗いいなあ。

純米吟醸とかになるとも少し飲みやすいんじゃないかなと。女性にはオススメですが、逆に呑兵衛には物足りないかも?ワイングラスのほうがよさ気。

栃木で思い出したんですが、個人的におすすめなのは今市市に酒造を構える渡邊佐平商店の「清開」という地酒。日光駅周辺の居酒屋で飲んだ「自然醸清開」がうまかった。

ランキングではかなり下のほうですが、安くて美味かったのを覚えてる。日光の観光に行った時にでも思い出してもらえたら嬉しい。

まとめ︰鳳凰美田は冷で飲むのが吉

Avatar image
シゲ
冷で飲むほうが輪郭がはっきりして好き。フルーティなのみくちが甘くなりすぎなくて進みます。

個人的にはランキングはあまりあてにしてませんが、飲みやすさ・手に入れやすさでは非常にポピュラーなお酒、というイメージでした。うまかったぜ!

合わせて「一秒で燻製料理になる醤油」の記事をどうぞ!

鳳凰美田を飲みながら「あーこれスモークサーモン合うだろうなー」とか考えちゃいました。

敷居の高い燻製料理に一瞬で変えられる醤油、その名も「くんせいしょうゆ」。コレは一度使ってもらいたい、酒飲みにはたまらない調味料ですね!コレで食べるサーモンの刺し身は絶品ですよ!

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)