レフ板作ったので撮影して効果を試してみた結果

レフ板作ったので撮影して効果を試してみた結果

ブツ撮りしていて気になったのが逆光の時の影。後ろからの光が入るシチュエーションの場合は、どうしても撮るときに前面が暗くなってしまいます。

そんな時にはレフ板の出番でしょう。前の方に光の回らない状況で、ストロボよりナチュラルに光を持ってきてくれます。

ちなみに作ったのはこんな簡易的なやつです。

使ってみると地味に効果を感じたのでメモ。

レフ板使ったのとそうじゃないのの違い

レフ板ってそんな効果あるんかいなって思ってましたが誰か僕を二発ぶん殴って下さい。

簡易的なものでもぱっと見て効果がわかるのでブツ撮りするなら「あーここにもうちょい!光がほしい!われに光を!」のようなタートルズ的な状況でめっちゃ役に立ちます。

まずはレフ板なし。ダンボーが絶望してます。どう見ても楽しそうではありませんガーン。

そこへレフ板をオン。反射のため光の対角に置くといいらしい。こんなふうに置きました。絵が絶望的に小学生ですがほっといてください。

するとどうでしょうレフ板に反射してダンボーの顔が明るくなった。幸せ度が増しました。パアアァァァ

「いやコレ、ストロボとか定常光で光入れたらええがな」

そんな声も聞こえてきそうですが実はそうでもなくて。ナチュラルな写真を撮る時に必要な光ってのはあくまで自然光。

普段何かを見るときに自分が太陽拳でも発しない限り、向かい合った被写体に光が当たることなどないのですよ。つまり不自然。

僕らが普段目にしてる光は逆光か半逆光、横からの光までで前から光を当てることは何か意図がない限り(写ルンですのフラッシュとか)起こりえないんです。ナチュラルな自然光は光の当たる方向が結構カギになるんじゃないかと推測。

ただ逆光では暗い部分が見えにくくなるのでレフ板を使って光を回しちゃいましょうということです。多分。

お酒の写真で更に試してみました。これでも良さそうですが、せっかくの光沢があるラベルが黒くなっちゃって残念。後ろのカーテン周りにガラクタ置いてるのがバレてるのも残念。

ここにレフ板入れるとどうでしょうか。なんか名前が光っていい感じに高級感出ました。なぜ黒背景でやらなかったのか。残念。

もう一個、純米大吟醸でもやってみます。これは更に横から定常光を当ててフロント部分にも光が回るようにセッティング。もう少し酒瓶の向かって右側に光がほしい。

レフ板をオンするとこんな感じ。先程と一緒の感じです。絶望的小学生程度画。

全体的に光が回ってラベルの視認性が高くなりました。

ただこれだと直接光を当てているので瓶にその光源が映っちゃってますね。これはわざとらしく見えちゃうので消します。アプリのレタッチ力で消します。

ここが気になるのですよ。

下の写真では光がなくなりましたね。写真のレタッチで無事に光源が見えなくなりました。高級感も出せるし、光の回り方もいい感じに。レフ板一個でクオリティがちょい上がるのでブツ撮りの時にあると便利ですー。

まとめ︰レフ板の力は微力ながら仕上がりに違いが

Avatar image
シゲ
やっぱりなんだかんだ言ってまだまだスキルが足りませんが、レフ板はその底上げをしてくれるなかなかいいツールですね。

こういう細かいところの積み重ねがブツ撮りのクオリティを上げるポイントなので、いろいろやってみたいと思います。ブツ撮り楽しい!

安く作れるのでテーブルフォトなどのお供にどうぞ。

ついでに「うまい栃木の日本酒」の記事もどうぞ!

うまい日本酒があればそれだけで今夜は宴。ああ酒ざんまい酒三昧。栃木の日本酒はうまいので冷でガンガン行きましょう!

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] レフ板作ったので撮影して効果を試してみた結果 […]

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)