独断と偏見!オーディオインターフェイスのおすすめBest5+1!作曲したいDTM初心者(僕)が欲しいオーディオインターフェイス

独断と偏見!オーディオインターフェイスのおすすめBest5+1!作曲したいDTM初心者(僕)が欲しいオーディオインターフェイス

ども、シゲです。

初心者がDTM(音楽制作)をするにあたって必要な機材の一つであるオーディオインターフェイス。

音質やクオリティを上げるのはもちろんのこと、データのやり取りや接続する機器の種類によって選ぶべきポイントがたくさんあります。そもそも「オーディオインターフェイスって?」って方は先に下の記事を読んでみてくださいね。

Check! まずはコレ!DTM・音楽制作をするのに必要な機材の一つ『オーディオインターフェイス』とは? | カラフル!

大まかにオーディオインターフェイスの意味と目的がわかったら、あとは自分のスタイルにあったタイプのオーディオインターフェイスを選ぶだけ。(もちろんお財布ともちゃんと相談して)

僕みたいな曲を作りたいDTM初心者が今欲しいオススメのオーディオインターフェイスを、独断と偏見でBest5をピックアップしてみます。同じような環境で曲作りをしている方の参考になると嬉しいです!

ちょっと長いですが…それではまいりましょー!

目次です・お好きなところからどうぞ

まずはオーディオインターフェイスに必要なスペックをチェック

とりあえずはどんな音楽を作りたいか(どんな楽器を使いたいか)によって、そのために必要なオーディオインターフェイスのスペックが変わってきます。

いいものはもちろんめちゃくちゃ昨日もスペックもいいのは当たり前なんですけど、それと比例して価格も跳ね上がります。おお怖や怖や…

▼僕が欲しいスペックはこんな感じ。

使う楽器
  • 電子ピアノ(KORG SP-170S
  • ドラム(KORG padKONTROL
  • ベース(家にあったやつ)
  • ギター(まだ持ってない)
  • マイク(まだ持ってない)
必要な接続端子
  • コンボジャック二つ
    (一つはHi-Z入力)
  • MIDI IN/OUT端子
  • できるならiPhoneと接続可能
Macとの接続 USB
他の希望とか
  • ボリュームノブが大きく、上部に欲しい
  • 音質は高ければ高いほど(理想は24bit/192khz)
  • できるならUSBハブの役割も兼ねて欲しい(USB端子付き)
  • やっぱデザイン的にかっこいいのがいい
  • 価格は3万円以内でお願いいたします

こんなとこでしょうか?

まだ楽器も全部揃ってないし、値段も3万円以内でとかなり限定されますがこれくらいのスペックがあるといいんですけど。

もちろん全部の要件をバッチリ満たしてるものは少ないと思いますが、その中でも僕が今欲しいオーディオインターフェイスBest5をご紹介します。それぞれに特徴やデザインも色々なので、ちょっと見ていきましょー!

僕の独断と偏見!今欲しいオーディオインターフェイスBest5

それでは僕プレゼンツ!DTM初心者が今欲しいオーディオインターフェイスのBest5を発表しますですはい。

お気に入りのが買えるといいんですけどね、あなたの欲しいオーディオインターフェイスもここにあるかもしれませんよ!

▶︎第5位「AKAI Professional EIE & EIE PRO」

スクリーンショット 2016-08-19 17.56.11 スクリーンショット 2016-08-19 17.56.47

重厚感のあるデザインとレトロなメーターが特徴のAKAI Professional EIE PRO。MPCで有名なメーカーですが、オーディオインターフェイスも出してたのは知りませんでした。

特筆すべきは多彩な入力端子。4つのコンボジャックと背面にあるMIDI端子が僕のニーズを満たしてくれています。しかも!三つのUSB端子までも付いていて、もうこれ以上ないくらいの大盤振る舞い!

いやもうこれは十分すぎるスペックですね。ラインナップは2種類で、PROとノーマルの違いは色と音質の違いみたいですね。

参考リンク 製品情報:EIE Pro:AKAI professsional

▶︎AKAI Professional EIE & EIE PROの詳細

商品紹介

プレミアム・デジタル・オーディオ/MIDIインターフェイスEIEは、ポータブル・スタジオ・システムに最適な、USBハブ機能を搭載したテーブルトップ・タイプのオーディオ・インターフェイスです。4イン / 4アウトのアナログ端子を装備、MacでもPCでもプラグアンドプレイ(ドライバのインストールは不要)で多くのDAWソフトに対応、高品位なオーディオ録音が可能です。

入出力
  • XLRキャノンでも標準フォンでも、マイクでもラインでもギターでも接続可能な多彩な入力端子を装備。
  • 48Vファンタム対応でコンデンサマイクも接続可能。
  • 更に、各チャンネルに外部エフェクタを接続する際に便利なインサート端子も装備。
  • また、背面にUSB-MIDIコントローラやUSBオーソライズ・キーなどを接続するのに大変便利な3ポートのUSBハブ(USB1.1)を内蔵。
  • MIDI入出力端子も備えているので、MIDIコントローラやMIDI音源モジュールも接続可能。
外観・筐体

重厚感溢れるアルミニウム・シャーシ、アナログスタイルのVUメータなど、秀逸なデザイン。

引用元:Amazon.co.jp: AKAI USBオーディオインターフェイスAKAI EIE AP-REC-001: 楽器・音響機器

価格帯がなぜかわかりませんが、PROの方が安かったりします。(なんでだろう?)赤の方は生産してないのかもしれません。

個人的にはシルバーのPROの方がかっこいいと思うので、そっちの方が良さそうです。

 第4位「Native Instruments  KOMPLETE Audio 6」

スクリーンショット 2016-08-19 18.22.13 スクリーンショット 2016-08-19 18.22.23

TraktorやMaschine、KOMPLETEなどで有名なNative Instruments  KOMPLETE Audio 6。楽曲制作では音源やMIDIコントローラー、オーディオインターフェイスもありの信頼の置けるメーカーですね。

一番の特徴は本体上部にある大型のボリュームノブ。独立したノブはメインの音量をコントロールできるので、よく使うだけあって使いやすい位置にあってとても便利です。

MIDI端子もちゃんと付いているし、何よりもNative Instrumentsの製品のデザインはやはり秀逸と呼べるのではないでしょうか(個人的な好みですけど)。LEDでの表示もクールで視認性が高く、接続している機材が一目で確認できる点も嬉しいですね。

参考リンク Komplete : オーディオ・インターフェイス : Komplete Audio 6 | 製品

▼付属する特典も豊富で、ソフトウェア音源やNative Instrumentsのオンラインショップで使える割引クーポンも同梱ということでかなりお得感があります。

スクリーンショット 2016-08-19 18.39.56

TRAKTOR LEも付属するので、DTMで自分で作った曲をDJミックスしたりもできますね。これは他のオーディオインターフェイスにはない特典と言えます。

▶︎Native Instruments  KOMPLETE Audio 6の詳細

サウンドの精度

レコーディングと音楽の再生のための4つのアナログ・イン/アウト、デジタル・イン/アウト、MIDI、そして低レイテンシー・パフォーマンス – つややかで頑丈なメタル・ケース。 2つのマイク・インプットには高品質のプリアンプが搭載され、Cirrus Logicコンバータが透明感のあるサウンドを提供してくれます。

接続性
  • 4つのアナログ・インプット: 2つのバランス マイク/ライン/インストゥルメンツ (XLR);加えて2つのバランス ライン (1/4″TRS)
  • 4つのバランス・アナログ・アウトプット (1/4″ TRS)
  • 信号のロスレス伝送のためのデジタル・ステレオ・インプットとアウトプット (S/PDIF / RCA)
  • マスターキーボードやMASCHINE、またはあらゆるサードパーティ製のMIDIコントローラのためのMIDIイン/アウト
  • 独立したレベル・コントロールとソース・スウィッチを搭載したヘッドフォン・アウトプット
  • USBによる電源供給と、とても頑丈なUSBソケット
レコーディングとモニタリング
  • バーチャル・インストゥルメントとエフェクトを使用する際の低レイテンシー・パフォーマンス
  • 独立したゲイン・コントロールを搭載したハイクオリティなプリアンプ
  • レイテンシー・フリーなレコーディングのためのダイレクト・モニタリング(インプット 1/2)
  • ボーカル、ギター、その他のモノラル音源のレコーディングのためのモノ・インプット・スイッチ
  • コンデンサ・マイクとアクティブDIボックスのための48Vのファンタム電源
  • 繊細なレベル・コントロールを可能にする、大きなアナログ・ボリュームノブ
限りない拡張性
KOMPLETE AUDIO 6には、サウンドとエフェクトのフル・プロダクション・パッケージKOMPLETE ELEMENTSが同梱されています。 TRAKTOR LEは、あなたをデジタルDJの世界へ導きます。 CUBASE LEは、多様なレコーディングとソング・アレンジを可能にします。サウンドをさらに拡張されたい場合は、KOMPLETE AUDIO 6に同梱された¥2,500相当のe-バウチャー*を使用して、NIオンライン・ショップにてKOMPLETE InstrumentsとEffectsをご購入いただけます。

引用元:Komplete : オーディオ・インターフェイス : Komplete Audio 6 | 製品

付属するソフトや拡張性、デザインや使い勝手の良さ。

基本的な接続端子も揃っているし、安心感のあるサポートも充実している。USBハブこそ付いてないにせよ、据え置きタイプのオーディオインターフェイスとしては十分すぎるスペックです。

第3位「Steinberg UR22mkII」

スクリーンショット 2016-08-19 18.55.43 スクリーンショット 2016-08-19 18.56.09

Steinberg社製のオーディオインターフェイスUR22mkⅡ。コンパクトなボディに必要最低限のシンプルな構造とデザイン。

無駄なものをできるだけ省いていますが、高音質の24bit/192khzのサウンドクオリティがこの中に詰まっています。価格帯もこのクオリティなのにリーズナブルとコストパフォーマンスも高いオーディオインターフェイスです。

ビジュアル面では「裏方」と言えるような潔さがまた気持ちがいいですね。中身で勝負している感があるけれど、なんとiPadにも接続可能となっているので機能は最先端でもあります。

参考リンク UR22mkII :  | http://japan.steinberg.net/

▶︎Steinberg UR22mkIIの詳細

世界はあなたのもの

オーディオ & MIDI インターフェース UR22mkII、Cubase AI、Cubasis LE があれば、モバイルレコーディングスタジオが出来上がり。定評ある Mac / PC との接続に加え、mkII では iPad との接続を可能にする CC モード、そしてバスパワーに加え外部電源にも対応しました。可搬性に優れるソリッドなボディ、クラスを遥かに超越したサウンドクオリティ、そして実用的な機能を揃えた UR22mkII は、宅録やモバイル音楽制作を完璧にカバーします。

iPad 対応

UR22mkII はあなたの iPad をプロレベルの音楽制作環境に変えてくれます。CC モードに設定し、Camera Connection Kit または USB Camera Adapter を経由して iPad と UR22mkII を接続。5V micro USB 外部電源端子にアダプターやバッテリーを接続することで、iPad のバッテリー消費を節約すると共に、コンデンサーマイク使用時にも安定した電源を供給できます。

妥協ないコンパクトデバイス

UR22mkII を持ち歩けば、さまざまな録音や制作のシチュエーションに対応できます。どんな場所にいても、ボーカル、ギターをはじめさまざまな機器を 24-bit / 192kHz のハイレゾクオリティで録音。MIDI とオーディオの同時録音も可能です。

引用元:UR22mkII :  | http://japan.steinberg.net/

必要なものは全て揃っている。そして低価格を実現。

初めてにも優しい価格設定な上に、これ以上ないくらいの機能が盛り込まれているUR22mkIIは死角なしのオーディオインターフェイスと言えるんではないでしょうか?

第2位「 IK Multimedia iRig Pro DUO」

スクリーンショット 2016-08-19 20.24.06 スクリーンショット 2016-08-19 20.24.43

2系統のコンボジャックを搭載していて、MIDIイン・アウトもある。サイズはどのオーディオインターフェイスよりも小さくコンパクトで、持ち運びに便利なので共同制作などに向いています。

なによりうれしいのがiPhone、iPad、iPod touch 接続用の Lightning、Android 5 対応のスマートフォン / タブレット接続用のMicro USB OTG、Mac/PC 接続用の USB と、3本のケーブルが同梱されていること。MIDI 入出力用には、スタンダードな MIDI 端子のケーブルが2本同梱されています。

IK Multimedia iRig Pro DUOさえあればすべてのデバイスと接続することができ、デバイス間による垣根を取り払ってくれます。

でもよく考えたら僕はiPhoneで曲作りあんまりしないんだなこれが。

参考リンク IK Multimedia | iRig Pro DUO

▶︎IK Multimedia iRig Pro DUOの詳細

iOS / Androidモバイル機器、Mac/PCにユニバーサル対応

iRig Pro DUOには、iPhone、iPad、iPod touch 接続用の Lightning、Android 5 対応のスマートフォン / タブレット接続用のMicro USB OTG、Mac/PC 接続用の USB と、3本のケーブルが同梱されています。MIDI 入出力用には、スタンダードな MIDI 端子のケーブルが2本同梱されています。

iRig Pro DUO は、Core Audio、Core MIDI、USBクラス・コンプライアント対応機器ですから、特別なドライバーをインストールする必要はなく、接続して対応アプリを起動するだけで、すぐにお使いいただけます。(WIndows用ドライバとしてはASIO4ALLをお使いください。)

コンパクトなボディに、プロ仕様の機能を凝縮

iRig Pro DUO に入力された信号は、高品位な24-bitのADコンバータを通じてデジタル入力されるため、透明なサウンドをそのまま入力することができます。iRig Pro DUO には、低ノイズでヘッドルームに大きく余裕を持たせた高品位なプリアンプが2機搭載されており、入力信号のレベルをマルチ・カラーで表示する LED を見ながら、最適なレベルに調整することができます。

2チャンネルの出力は、24-bit、44.1/48kHzのDAコンバータから、2つの標準バランス(1/4” TRS)アウトおよびステレオ・ミニ・ヘッドフォン・アウトから出力されます。出力経路に用意された「ダイレクト・モニター」スイッチで、入力された信号をゼロ・レイテンシーでそのままモニターするか、アプリケーション経由のサウンドをモニターするのかを切り替えることができます。

さまざまなMac/PC用ソフトウェアが付属

iRig Pro DUOのご登録ユーザーには、EQ、コンプレッサー、リミッター、ソフト・クリッパーとメーターを装備した T-RackS Classic、14種のストンプ、4つのアンプ・モデルを収録した AmpliTube Metal、6.5GB、400音色、250ループ、150種のMIDI パターンを備えたソフトウェア音源、SampleTank 3 SE が無償で提供されます。あわせて提供される 25 Custom Shop Gear Credits は、T-RackS、AmpliTube、SampleTankのアプリ内課金ストア Custom Shop でエフェクト、アンプ・モデルや音源の追加購入にお使いいただけます。

こうした付属のMac/PC用ソフトウェアの通常販売価格を合計すると、何と€450相当。iRig Pro DUO 本体価格をゆうに超えてしまいます!

引用元:IK Multimedia | 新発売のiRig Pro DUOをご紹介します!

ちいさいながらも大きな特典がついていて、デザインもシンプルで未来的。

マイクスタンドに直接設置できるほどコンパクトなボディに、拡張性の高いケーブルも付属。自分だけではなくたくさんの人とのセッションや共同制作を意識して作られた、ポータブルオーディオインターフェイスです。

 第1位「M-AUDIO M-Track 2X2M」

スクリーンショット 2016-08-20 6.10.27 スクリーンショット 2016-08-20 6.10.48

本体上部のど真ん中に堂々と君臨する大型ノブ。ごちゃごちゃしがちなトップスペースはシンプルで初心者の僕にもわかりやすい設定で、必要な機能はすべて揃っています。

加えて価格が驚くほど安いのに、24bit/192khzと高音質なスペック。新しい規格USB-C端子の搭載により、将来的には出力と電源供給が同時に可能になるかもしれませんね!M-AUDIOの機材は使ったことないですが、これは先進的でめちゃくちゃ興味を惹かれるオーディオインターフェイスです。

参考リンク 製品情報:M-Track 2X2M:M-AUDIO
USB Type CについてCheck! USB Type-Cとは? – サンワサプライ株式会社

▶︎M-AUDIO M-Track 2X2Mの詳細

クリアで低ノイズ、クラストップのオーディオ性能

M-Track 2X2Mは、すべてが新しい、プログレードの「クリスタル」プリアンプを搭載しています。ゼロから設計されたクリスタル・プリアンプは、接続されたマイクの音を最大限に引き出し、48Vファンタム電源とと共に、高品位コンデンサーマイクの音をそのまま、ミュージシャンやエンジニア、プロデューサーに提供する、クリアで低ノイズの高いオーディオ性能を誇ります。

コンパクトでポータブルなスタジオグレード・インターフェイス

M-Track 2X2Mの24bit A/Dコンバーターは、楽器や音声の繊細なニュアンスを、ナチュラルかつダイナミックに記録します。また、サンプリング周波数は最大192kHzに対応。コンパクトなボディ、簡単操作で、プロフェッショナルのレコーディングスタジオに遜色ない、高い精度の録音が可能です。

どんなプロジェクトにも対応する2系統の入力端子

M-Track 2X2Mは、マイクとラインレベルの信号を接続可能なXLR+1/4″バランス・コンボ入力端子が2基と、エレキギターやエレキベースを直接接続可能なハイインピーダンス専用1/4”入力端子を2基、それぞれ装備し、入力ソースの音質を何ら犠牲にすることなく、24bit/192kHzの高解像度で最大2チャンネルの同時録音が可能です。

最新のUSB-C端子装備

M-Track 2X2M

M-Track 2X2は、将来性を見据え、最新のUSB-C端子を採用。ダイレクトモニター機能と合わせ、レーテンシーを気にすることなく、演奏やレコーディング、編集作業に集中することができます。また、通常のUSB-A端子用の変換ケーブルも付属していますので、USB-C端子のないコンピューターでも問題なく接続可能です。

外部MIDIデバイスを接続可能な、5ピンMIDI入出力端子

M-Track 2X2Mは、外部MIDIデバイスを接続可能な5ピンMIDI入出力端子を搭載し、MIDIインターフェイスとしても機能します。ソフトウエア音源のコントロールのためにMIDIコントロール・キーボードを接続したり、外部シンセサイザーや音源モジュールを鳴らしたり、ドラムマシンや外部シーケンサーとの同期再生も可能です。

パワフルな付属ソフトウエア

M-Track 2X2Mには、高品位バーチャル・インストゥルメントを提供し続けているAIR Music Technologyから、オールアラウンドなマルチティンバー音源Xpand!2やStrike(ドラム音源)、Mini Grand(ピアノ音源)、エフェクトプラグインコレクションCreative FX Collectionと、世界定番のSteinberg Cubase LEが付属し、レコーディングから編集、ミックスまで、あなたの創造的な可能性を実現するクリエイティブ・ツールとして、必要なすべてを提供します。

引用元:製品情報:M-Track 2X2M:M-AUDIO

最新であり、最先端。使いやすさとコストパフォーマンスに優れていて、付属ソフトも充実のオーディオインターフェイス。これでモバイル端末に対応していればもう言うことなしなんだろうな。

あたらしいクリスタルプリアンプも気になるところですね!

【次点】 MIDI/ギター・ベース端子があったら…Novation AudioHub 2×4

スクリーンショット 2016-08-20 6.57.21 スクリーンショット 2016-08-20 6.57.32

番外編ということでNovation 2イン4アウト オーディオインターフェイス AudioHub 2×4のご紹介も。

これは外部接続がUSB接続のみの、エレクトロミュージックに特化したオーディオインターフェイスです。現代の音楽はかなりデジタルよりのダンスミュージックが主流になり、そのためのオーディオインターフェイスといってもいいアイテムです。

USBハブの役割を果たすフロントパネルの3つのUSBポート。USBMIDIコントローラーを接続する目的でつくられているので、デジタルミュージックの音楽制作を考えている方にはオススメの機材です。

残念ながらMIDI端子や、コンボジャックがないので次点としました。ですが、作りたい音楽によってはどハマりするオーディオインターフェイスだと思うので、+1ということでランクインしておきました。

参考リンク High Resolution | Novation | AudioHub 2×4

▶︎Novation  AudioHub 2×4の詳細

エレクトロニックミュージックプロダクションの中枢

Audiohub 2×4は、エレクロトニックミュージック制作とライブに適した2イン4アウトのオーディオインターフェイスです。
Focusriteのオーディオインターフェイステクノロジーを搭載し、良質のサウンドと低レイテンシーを実現しています。
USB2.0ハブを3ポート装備し、複数のMIDIコントローラーや、NovationシンセサイザーのようなUSBからの電源供給で動作するデバイスの接続が可能です。
洗練されたデザインの筐体は、持ち運びが便利なサイズと頑強さを併せ持つだけでなく、大音量のアウトプットを備え、周囲の音が大きいライブハウスやクラブでのプレイにも適しています。

デスクトップをすっきり

あなたのワークスペースはUSBハブ、インタフェース、電源アダプターやケーブルでちらかっていませんか?多くの人が同じ問題を抱えています。
Novationはこの問題を解決するためにAudiohub 2×4を設計しました。デスクの上のUSBデバイスとオーディオ機器をAudiohub 2×4に接続するだけですべてが解決します。

  • 電源供給可能な3つのUSB 2.0ポート
  • 自然なオーディオをサンプリングするステレオ入力
  • 高品質なサウンドを出力する4つのRCAと2つのTRSフォーン端子(RCA1-2とTRSフォーンアウトは同じ信号を出力)
ライブパフォーマンスに最適

アウトプットは完全に独立したボリュームコントロールが可能です。それぞれの出力をメインスピーカーとモニタースピーカーに接続し、自由に音量を調整することが出来ます。
ヘッドホン出力はライブやクラブでのプレイにも問題がないよう大音量再生が可能です。
すべてのボリュームコントロールノブは、ライブハウスやクラブなど、暗い場所でプレイする際にもアクセスしやすいようトップパネルに配置されています。

サンプリングで音楽制作

Audiohub 2×4の入出力を駆使してセットアップすれば、アナログとデジタルのシームレスな統合が可能です。余計なUSBハブや電源ケーブルは必要なく、デスクトップもすっきりします。
Focusriteテクノロジーを搭載した高品質・低レイテンシーの入力は、ナチュラルなサウンドでサンプリングできるだけでなく、ライブでも威力を発揮します。

引用元:High Resolution | Novation | AudioHub 2×4

実はこれ使ってたことがあるオーディオインターフェイスなんです。(エレクロトにハマってた時期もあり)

その時には十分すぎるほどのスペックだったし、iPhoneとか繋いで充電とかもできたので便利だったんですけどね。MIDIキーボードを売っちゃってから出番が遠ざかってたので、売却となりました…。

エレクトロミュージックが大好きな人はこれで十分なオーディオインターフェイスだと思いますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

DTM初心者が独断と偏見で選ぶ、おすすめオーディオインターフェイスBest5+1でした。気に入ったオーディオインターフェイスはあったでしょうか?

第1位に輝いたのはコスパ・接続機器・新しさ・ノブの使いやすさ(これはイメージ)・付属音源の豊富さ・新しいUSB規格など、いろんな面で魅力を感じたM-AUDIO M-Track 2X2Mになりました

価格や欲しい機能、付属してくる音源などによって選ぶアイテムは変わってくると思います。いろんな種類があるだけに迷ってしまいそうですが、自分の中での「決めて」を見つけて選んでみましょう。

そして、できるなら直接本物のオーディオインターフェイスを手に取って見れると一番いいと思いますよ!

▼参考までにすべての価格をまとめておきます。それぞれチェックしてみてください。

機材名 Amazon 楽天
Akai Professional  EIE pro 22,271円 24,800円
Native Instruments  KOMPLETE Audio 6 25,770円 25,800円
Steinberg  UR22mkII 15,660円 15,660円
IK Multimedia iRig Pro DUO  25,056円 25,164円
M-AUDIO  M-Track 2X2M 14,800円 14,800円
Novation  AudioHub 2×4 24,216円 25,800円

ではまた〜

追記:一番欲しかったM-AUDIO  M-Track 2X2Mを買いました

ついにオーディオインターフェイス買いました!その実機レビューも合わせてどうぞ〜

参考リンク 【機材レビューpart 1】M-AUDIO M-TRACK 2x2M 購入!ついに来たぜおすすめオーディオインターフェイス! | カラフル!

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)