【Logic Pro X】使うかどうかは別として便利な機能「詳細ツール」は最初にオンにしておこう!

【Logic Pro X】使うかどうかは別として便利な機能「詳細ツール」は最初にオンにしておこう!

ども、シゲです。

Logic Pro Xの機能の豊富さはアップデートを重ねるごとに多くなり、DTM初心者の僕としては使いこなせてません。むしろ機能が多くなりすぎてわけがわからないのが現状ですね。

しかし!なんでもそうですけど使わないことには進歩もしませんし、成長もしていかないと思うので色々とやってみては勉強しています。(千里の道も一歩からでしょ)

そんな豊富な機能をフルに使いこなせるように、初期設定としてやっておきたいのが「詳細ツール」の設定です。

Logic Pro Xの拡張機能や便利なブラウザなどが使えるようになる設定なので、使うかどうかは別としてこの詳細ツールはオンにしておくと便利です。今回はその設定のメモです、めっちゃ簡単なのですぐ終わりますよ!

それではまいりましょー!

目次です・お好きなところからどうぞ

Logic Pro Xの「詳細ツール」の設定方法

詳細ツールの設定は画面上部のメニューバーからできます。

【Logic Pro X】→【環境設定】→【詳細ツール…】を開きましょう。

スクリーンショット 2016-08-22 10.13.49

▼すると【詳細ツールを表示】の項目が表示されるのでここにチェックを入れましょう。

スクリーンショット 2016-08-22 10.14.26

追加オプションにチェックを入れると拡張機能が有効になり、できる機能が増えます。使うかどうかは別として、ですけど。

スクリーンショット 2016-08-22 10.14.38

以上です!あとは使う機能だけにチェックを入れましょう。(使うかどうかがわからないんですけどね)

簡単なんですけど、これデフォルトでオンにしておいてくれるといいと思うんですけど…。

まとめ

「詳細ツール」は初期設定としてやっておくといいと思います。

ネットでLogic Pro Xについて調べていたりすると「あれ、なんで僕のLogic Pro Xはこうならないんだろう?」ってことが多かったんですけど、ほとんどの人はこの「詳細ツール」をオンにしてるみたいです。

この機能がデフォルトじゃないのはきっと「君のような初心者には使いこなせないよ!」っていう警告なんでしょうかね。悔しいのでめっちゃ勉強して使いこなせるようになってやるぜ!

自分の音楽制作にとって必要かどうかは別として、環境設定は合わせておいたほうが間違い無いと思いますよ!

ではまた〜

Logic Pro X

23,800円
(2016.08.07時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)