【運動しても痩せない!】走ったら痩せるなんて嘘?あなたがランニングして痩せない理由

【運動しても痩せない!】走ったら痩せるなんて嘘?あなたがランニングして痩せない理由
よし!ダイエットしてカッコ悪いからだとはおさらばだ!今日から毎日走って痩せてやるぞ!!ダイエットといえばランニングでしょ!

ダイエットをしよう!と考える人がまず最初に思い浮かぶエクササイズが、「ランニング・ジョギング」などの走る運動ですよね。

スポーツシューズと走りやすい服装があれば誰でも今すぐに始められる、手軽な運動の代表みたいなものですよね。

ですが、このダイエット=ランニング・ジョギングという方程式がそもそも間違っているとしたら?

ランニング・ジョギングではダイエットは成功しません!

と言われたらどうしますか?それでも毎日30分〜1時間走り続けますか?

運動によるカロリー消費って実は少ない

あなたのしている運動、それってどのくらいのカロリー消費量ですか?

意外と知られていないのがランニング・ジョギングの消費カロリー。

ちなみに、一般的な成人男性が30分間走って(ランニング・ジョギング)消費できるカロリーというのは、聞いてびっくりですがなんと約200kcalとなっています。

200kcalというとどのくらいかというと、だいたい肉まん1個分程度です。僕の大好きなポテトチップスなんかだと一袋どころか、0.4袋分(なんじゃそりゃ)ですよ!

肉まん一個 = 30分のランニングの消費カロリー

30分ランニングするって結構しんどいのに、ポテトチップスを5分でポリポリ半分くらい食べたら痩せるどころか太る!マジかよ!

単純に体重を落としたいなら摂取カロリーよりも消費カロリーが多くないといけません。

痩せるためには・・・摂取カロリー(食べるもので得るカロリー) < 消費カロリー(基礎代謝+運動による消費)

つまり、食べたもののカロリーよりも運動などで消費する総カロリーが上回る。

そうなって初めて体の中に蓄えられたエネルギーが減り、体重が減っていくわけです。

食事によるカロリー摂取の多さに比べると、運動によって消費される消費カロリーがいかに少ないかがよくわかりますね。

運動して痩せるダイエットは精神力と根気が必要

痩せるために必要なのは体重を落とすことよりも、脂肪を燃焼させること。あなたがダイエットをする目的は見た目を痩せて、カッコよくなることなはずです。

そのためには筋肉の上に乗った余計な皮下脂肪を取り除きましょう!

そこでもう一度、運動の消費カロリーの話に戻します。

さっき話した通りランニング30分すると約200kcalのエネルギーを消費します。

ですが、体脂肪を1kg減らすにはなんと、7200kcalものエネルギー消費をしないとダメなのです!

つまり、1ヶ月毎日30分ランニングをしたとしても、1ヶ月で6000kcalしか消費されない計算になります。1ヶ月続けたとしても体脂肪は1kgも減らないことになります。絶望ですね。

毎日30分ランニング=200kcal × 30日 = 6000kcal  < 体脂肪1kg(7200kcal)

毎日30分ランニングももちろん続けていけばカロリーを消費してくれますが、そのぶん食欲も刺激されます。

運動をすると達成感があり、ついつい自分にご褒美をあげたくなるものですよね。

「今日はいつもより長めに走ったから、晩酌にビールとポテチで…」

なんてやると逆に摂取カロリーが簡単に消費カロリーを上回ってきます。これが月に何回もあったとしたら、脂肪を落とすなんて夢のまた夢。

食べた食事が脂肪を蓄えて、さらに太りやすい体になります。ランニングでは追い付けない肥満への始まりです。

現にランニング・ジョギングでダイエットをしている人は、体重の増減プラスマイナス2〜3キロあたりを行ったり来たりしているのではないですか?

それは消費と摂取を繰り返しているだけだからです…

運動の方法や取り入れ方によってはランニング・ジョギングはもちろん効果的です。その取り入れ方や「これだけしていると痩せるだろう」という思い込みが良くないということですね。

運動の消費カロリーだけで痩せることが、恐ろしく大変なのは伝わったでしょうか?

毎日30分走っても自分にご褒美をあげるとプラマイゼロ、むしろマイナスになりかねないのです。

でも頑張ってるのにご褒美がないとしんどいですよね…。

続かないのも無理はありません。

というか、そもそも毎日30分のランニングの時間を取れる人はなかなかいないのではないでしょうか?

毎日30分走る時間を作り、継続するのってかなり難しいですから。

ダイエットは運動したり、走る「だけ」では痩せない

では逆に、毎日のように食べていたポテトチップスを減らしてみたらどうでしょう?

全く食べないということではありません。制限ではなく改善するのです。

もし、一袋丸ごと全部食べていたとしたら、相当なカロリーをセーブすることになりますよね。一袋で500kcal以上あるので運動で消費しようとするとかなり大変です。

そんな時は食べる量や時間を改善してみる。

そういった食事改善に加えてランニング・ジョギングも取り入れていく。

運動と食事改善、この相乗効果こそが効率よくダイエットを進めていくカギになります。低カロリーのもの糖質を抑えた食品を積極的に摂るのも効果的です。

ランニング・ジョギングによるカロリー消費摂りすぎているカロリーを減らす = ダイエットの近道

まとめ

  • ランニング・ジョギングなどの運動の消費カロリーは少ない
  • 運動だけで痩せるダイエットには強い精神力とモチベーションが必要
  • 運動と食事改善の相乗効果でダイエット効果をアップ

何か一つのことを無理してやるダイエットではなく、必要なものは増やして不要なものは削っていく。

ダイエットは複合的かつ効率的に進めていく必要があります。

ダイエットはそんなに単純ではなく、部分的に置き換えたり、長いスパンを目指してダイエットに取り組んでいく姿勢がとても大切だと思います。

ダイエット中はつい早く結果を求めがちになりますが、無理せず長期的にダイエット計画を立てることで体への負担やストレスを軽減してくれますよ。

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)