え?ランチ食べるお金が500円しかない? 本当は教えたくないけど、仕方ない。 それなら戸塚「きし美」が絶対おすすめ! ツッコミどころ満載だけどまた行きたくなるおふくろの味。 ここで一人ごはんできたら大人になった証拠だよ。 地方出身の僕みたいな田舎者は絶対好き!
  • ピックアップおすすめ記事

え?ランチ食べるお金が500円しかない? 本当は教えたくないけど、仕方ない。 それなら戸塚「きし美」が絶対おすすめ! ツッコミどころ満載だけどまた行きたくなるおふくろの味。 ここで一人ごはんできたら大人になった証拠だよ。 地方出身の僕みたいな田舎者は絶対好き!

やあ、戸塚フリーク諸君。

今日もランチをどうしようか悩んでるのかい?
どうせなら安くて美味しいお店がいいよね。

え?お金がなくて500円しか持ってないって?

マックじゃすぐにお腹すくしね。
じゃあ戸塚のあそこに行ったらいいよ。


 

ども、戸塚大好きシゲ@piece_hairworksです。

戸塚のランチシリーズ、今回はちょっといつもとは違うよ。今までは駅の近くだったりおしゃれだったり、入りやすかったりするところなんかを紹介してたけど。

今回はかなり上級者向け。

でも僕が今まで行ったランチの中で一番好きなお店です。きっとまた行くんじゃないかな。

いや、きっと行くと思う。そんなお店を紹介します。

Avatar image
ワイフ
どんなお店なの?
Avatar image
シゲ
今までのランチシリーズの中で一番行くのに勇気がいるお店かな。
Avatar image
偶然の産物
全然想像がつきませんね。

今回のお店は戸塚駅から少し歩きます。立地は全然良くありませんが、地元の人から愛されるおふくろの味「きし美」さんです。

安くてうまくて腹一杯、それでいて実家でご飯を食べたような懐かしい気持ちになれるお店です。田舎者の僕には最高のお店でした。

それではさっそくまいりましょー。





戸塚の激安ランチ「きし美」の場所・外観

まずは戸塚「きし美」の場所からですね。これが駅から結構離れてます。ふらっと寄るには遠すぎて挫折する人も多いでしょうし、お昼休みに行こうにもなかなか難しい距離です。

駅を出てから10分くらいは歩くと思います。僕はちょうど家と職場の途中で、バイクで行けるのでかなりラッキーでした。近くに戸塚のハローワークがあったりするので、そちらに用事がある人はついでに寄るのもいいかもです。

▼MAP

行き方としては…

戸塚駅の西口を出てバスターミナルの前にあるサクラスの前の交差点を、原宿方面へ直進するだけです。右に大和証券郵便局の建物をみながら、そのまま直進して五つ目の信号(八坂神社前)を過ぎた右側にあります。

スクリーンショット 2015-11-06 11.48.34

スクリーンショット 2015-11-06 11.48.57

八坂神社前の交差点の角にはドミノピザがあって、そのまま横断歩道を渡り直進すると右手に見えてきます。

ちょっと距離があって分かりづらいと思うので、もし行くならスマホのナビに住所を入れると分かりやすいと思います。

住所は「神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3798」です。

▼外観はこんな感じ。かなり年季が入っていて、まるで中の様子がわかりません。なぜかインターホンもありますが押す勇気は僕にはありませんでした。

この時点で入るにはかなり勇気がいりますよね。やってんだかやってないんだかも分かりづらいですが、暖簾も出ているし、一応看板も出ているので営業中ということを祈って店内に向かいます。

▼入り口の横の方に分かりづらいですが、今日のランチメニューがあります。解読不能ですので無理して読まなくてもいいです。

IMG_4837

Avatar image
ワイフ
すご!読めないのが多いね!
Avatar image
シゲ
僕の分析によると…
「十一月五日 とんかつ あじフライ 煮物 焼肉 ??? さんま開き」かな。
Avatar image
偶然の産物
五つ目がどうしても分かりませんね。なぞなぞです。

入る前からツッコミどころが満載ですが、とりあえず入ってみましょう。

戸塚おふくろの味「きし美」の店内・メニュー

店内に入ると外が天気が良すぎたのもありますが、まだ準備中ではないか?と驚いてしまうくらいに店内は暗いです。

ラジオが流れている昭和の風情たっぷりの店内は、時代に反してなんと全面喫煙オッケー。そのせいもあってか、お世辞にもキレイでおしゃれな店内とは言えませんでした。

Avatar image
シゲ
これはかなり危険な店に来ちゃったかなー…。

と不安になるくらいの洗礼をくらいました。店内はテーブルが2つくらい、カウンター席は5〜6席くらいでしょうか。

特に「いらっしゃいませ」とも言われたりしなかったので、勝手に席に座ることにしました。一番店内がぐるりと見渡しやすい、入り口正面の壁際のテーブル席に着きました。

▼店内には初老の男性が一人先客でいて、お通しらしいものを食べてました。すでに注文済みなのかキッチン内のおかみさんであろう女性と世間話をしながら。

店内にメニューを探したところキッチンの奥の方に、入り口に置かれていた黒板と全く同じ内容とフォントでメニューが置いてありました。これでは注文するにも至難の技。僕は相手の出方を伺いました。

Avatar image
シゲ
あの…。
Avatar image
おかみさん
どうするの?今日は卵の日だけど、生と茹でどっちにするの?
Avatar image
シゲ
(??卵の日??)え、えっとじゃあ”茹で”で。あと…。あ、あじフライ定食でお願いします。
Avatar image
おかみさん
アジと茹でね。はい。

と、そのおかみさんは湯飲みとポットを僕のテーブルに置いていった。どうやら注ぐのはセルフサービスということみたいです。この距離感で湯飲みとポットを置くあたり、なかなかのSっぷりがうかがえます。

▼湯飲みとポットの距離感。

僕のこの世で一番の好物は「とんかつ」です。その僕が動揺のあまりなぜか「あじフライ」を注文してしまうほど、このおかみさんは勢いがある。それがどこか実家の母親を思い出させてくれた。うちの母親がやってたお好み焼き屋も、確か「飲み物は自分で」だったなあ。

▼幼い頃を思い出しながら、僕はポットのお茶を飲み始めた。

手厚いサービスを受けたい人は「きし美」には来ない方がいいでしょう。至れり尽くせりのお店に向かいましょう。

お茶で体を温めた僕に、おかみさんは定食のセットのゆで卵漬物冷奴を出してくれた。

▼先にゆで卵でも食べてよう。

▼調味料の感じもどこかレトロな雰囲気が。食卓塩とか懐かしい。

▼冷奴も頂こうか。醤油をかけて。

Avatar image
ワイフ
なんかおばあちゃんちのお昼ご飯って感じだね。懐かしい。
Avatar image
シゲ
この時には僕はもうリラックスしてたね。
Avatar image
偶然の産物
家にいるような感覚になるんでしょうね。

注文したあじフライが来るまで店内を色々と眺めつつ、お客さんとおかみさんの話を聞いていた。どうやらそのお客さんはお休みにわざわざ来るらしい。

Avatar image
常連さん
お昼にここに来ようと思ったらお昼休みが終わっちゃうんだ。
Avatar image
おかみさん
ごめんなさいねえ、遠くまで休みの日に
Avatar image
常連さん
いやいや、好きで来てるんだから。いいんだよ。

というようなやり取りをしていたのが聞こえた。どうやらわざわざ時間をかけてでも来るお客さんらしく、会話の雰囲気から常連さんのようにも思えた。

▼店内の様子はこんな感じ。昭和の風情が漂う店内だった。鍋の置き方が斬新。

▼照明も昭和感が。

▼なぜか席の隣に水道が。手は洗いたい放題です。

自由すぎる店内を僕は懐かしい気持ちで眺めていた。

戸塚のおふくろの味「きし美」のご主人登場

僕が店内を観察しながら卵を食べてると、店内奥から一人の男性が現れた。どうやらこの戸塚「きし美」のご主人のようだ。僕は突然の登場に驚いたが、ご主人は僕のことが見えてないのかうんともすんとも言わず店の奥へと消えた。

Avatar image
おかみさん
あじフライお願いします。あじフライお願いします。

耳が悪いのだろうか?二回告げたおかみさんの声が聞こえてないのか、特に返事もせず消えていった。「おふくろの味」であるメインのあじフライはご主人が作っているのだろう。どちらかというと「おやじの味」じゃないか。

こんな不思議な空気感を味わったのは何年ぶりだろう。本当におばあちゃんの家に帰ってきた気分になって、懐かしさがこみ上げてくる。

そこにもう一人の常連が現れた

これまた初老の男性が一人店内に現れた。カウンター席の方へ歩いたと思ったら椅子に座ることもなく、そのまま奥の湯飲みとポットを取り注いで席へ座る。

Avatar image
シゲ
ああそうか、常連さんは普通に自分でお茶を入れるんだな。
Avatar image
常連さん2
焼肉で、生。普通。
Avatar image
おかみさん
はいよ。

 

あっぱれだった。ここまでスムーズなやり取りはかなりの常連さんのようだ。入店から注文までが約10秒ほどで完了、ファーストフードなんて目じゃない。これが当たり前の光景なのだろう。逆に僕のような新参者が来ることの方が、おかみさんは驚いたであろう。

と、その時だった。

Avatar image
おかみさん
ご飯食べるの?どのくらい?

僕のことだろうか?急なことすぎてびっくりしたが、間髪入れずに。

Avatar image
おかみさん
普通?大盛り?
Avatar image
シゲ
あ、じゃあ普通でお願いします。
Avatar image
おかみさん
はいよ。これくらい?
Avatar image
シゲ
あ、はい。そのくらいでいいです。
…さっきの常連さんが言った「普通」ってのはご飯のことだったのか。

ご飯食べるかどうかを尋ねられたのは初めてだったが、この店はご飯の量を調節してくれるみたい。しかも丼を見せながらご飯をよそわれたのは初めてだった。

そんなやり取りの最中に奥からご主人が現れた。手にはあじフライらしきものを持って。

ついに戸塚のおふくろの味「きし美」のあじフライがきた

ちょうどいいタイミングであじフライが登場した。ご主人があじフライと一緒に持っているのはマヨネーズだ。それを僕の元に置くとご主人はまた奥へ戻っていった。

▼あじフライが来た。マヨネーズの置き方が家っぽい。

これで勢揃いだろう。さて早速あじフライを頂こう…

食べようかとマヨネーズとソースをかけたあたりでおかみさんが。

Avatar image
おかみさん
はいよ。
Avatar image
シゲ
!?あ、はい。ありがとうございます。

▼追加でお味噌汁がきた。

こうやって並べてみるとかなり豪華なお昼ご飯に見える。

戸塚のおふくろの味「きし美」のあじフライを実食

▼早速あじフライをいただく。揚げたてらしくアツアツなのが熱気でわかる。

▼ちょっとわかりにくいが、ご飯もアツアツ。湯気がたってるのが伝わるかな?

▼味噌汁かと思ったけど、実は煮麺でした。これも実家っぽい。

▼ハフハフなりながらご飯とあじフライを交互に。これがまた最高にご飯と相性がいい。

Avatar image
ワイフ
おいしそうー!ご飯食べたいー!
Avatar image
シゲ
揚げ方もちょうどいい具合。もともと下味もついてるから2匹目は塩とからしで。

Avatar image
偶然の産物
これまた塩とからしもいいですね!美味しそう!

あじフライがきてからというもの、夢中になって食べ続けました。実家にいた頃もこんな感じでご飯食べてたなーって思い出しながら。

普段からゆっくりお昼ごはんを食べることもないので、10分とかからず完食しました。それに驚いたのかご主人が「もう食べたのかい?早いね!少なかった?」と声をかけてくれました。いえいえ、十分です。僕はお腹いっぱいです。

▼あっという間に完食。

いやー。うまかった。ごちそうさまでした。

久しぶりに家庭料理っぽいのを食べた気がします。こういうご飯がなんだかんだ言って一番美味しいし、一番落ち着く。

Avatar image
シゲ
ごちそうさまでした。
Avatar image
おかみさん
ありがとうございま〜す。500円でーす。
Avatar image
シゲ
あ、はい。(安っ!500円でいいのかな?)
Avatar image
おかみさん
はい!ありがとうね〜。またおいでね〜。

本当にワンコインでいいんだろうか?と心配になってしまうほど、美味しかったしボリュームがあった。もちろんオシャレなサービスもなければ、店内もキレイじゃないが僕は安すぎると思った。

帰り際に入り口を開けてくれていたご主人に「また来ます」と告げると、にっこりと微笑んで見送ってくれた。

店内が暗かったせいか外に出ると太陽が眩しかった。振り返って店を見上げていると、自転車に乗った二人の若い男性が店の前に停めた。

▼この二人もここでお昼ごはんのようだ。何度も通っているのだろう、慣れた感じで店内へ入っていった。

僕よりも若そうな人たちだったが、近所で働いているのだろう。きっと週に何度も利用しているに違いない。そんな二人を見ながらお腹も心も満たされた僕は、戸塚のおふくろの味「きし美」を後にした。

きっとまた来ると心の中でつぶやいて。

戸塚のおふくろの味「きし美」の総評

外観や内装、サービスなどは初めての人にとって驚きだと思います。僕自身も最初は「大丈夫かな?」と感じるくらい。

でも一度慣れてしまえば大丈夫。何よりも地元の人に愛されている雰囲気や、アットホームな家庭料理が地方出身にはたまらないのではないでしょうか?実際に僕はかなりファンになりました。こういうレトロで庶民的なお店が苦手な人には正直オススメできません。

値段もランチならワンコインで行けますし、ランチも色々な種類があって他のメニューも食べてみたくなります。どうやら火曜日は唐揚げの日らしいです。(以下の食べログ情報を参照)

こういう食堂に一人でふらっと入れるようになったってのは、大人になった証拠だなあと感じました。

Avatar image
ワイフ
まさにおふくろの味って感じのお店だね。
Avatar image
シゲ
地方出身の人に是非食べに行ってもらいたい、これからも残っていてほしいお店だね。
Avatar image
偶然の産物
通いたくなりますもんね。家みたいで。

家庭料理を久しく食べてない人にオススメのごはん屋さんです。オシャレなお店もいいですが、たまにはこんなお店で昔を思い出しながらのお昼もいいもんですよ。

戸塚周辺の方は一度行ってみては?男の昼飯にはもってこいですよ。

店舗基本情報

店名

きし美

ジャンル 定食・食堂、割烹・小料理
TEL・予約

045-871-0280

※お問い合わせの際は「”食べログ”を見た」とお伝えいただければ幸いです。

予約可

住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3798

交通手段 JR戸塚駅から徒歩10分

戸塚駅から770m

営業時間 ランチは、11時45分〜14時まででオール500円!(ランチは月曜〜土曜で、日祝除く)
(18時〜22時30分までは居酒屋タイムで、毎日営業)ランチ営業、日曜営業
定休日
予算(ユーザーより)

[昼]~¥999

実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る

カード 不可

席・設備

席数 30席 (カウンター5席、テーブル8席、座敷17席(収容可能人数の概数))
個室
10~20人可
禁煙・喫煙 全面喫煙可
駐車場
空間・設備 カウンター席あり、座敷あり
携帯電話 au、docomo

特徴・関連情報

こんな時に
オススメ
友人・同僚と  一人で

多くの方がおすすめする用途です。

備考 火曜日は唐揚げの日です

引用元:きし美 – 戸塚/定食・食堂 [食べログ]

▼MAPと行き方

スクリーンショット 2015-11-06 11.48.34

スクリーンショット 2015-11-06 11.48.57
ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link







コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By メイちゃん

    こんにちは♪とても楽しく読ませて頂きました!!
    近く住んでるので[きし美
    ]さんに行ってみたくなりました。

    • By シゲ

      メイちゃんさん、コメントありがとうございます( ^ω^ )お名前からすると女性の方ですかね?お一人ではちょっと勇気がいるかもしれませんが、素敵なお店ですよ!ワンコインで家庭料理が食べられるのは嬉しい限りです。僕もまた違うメニューを挑戦しに行こうと思います( ´ ▽ ` )ノ

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする