3月で仕事を辞めるワイフのために「失業保険」について調べてみた。
  • ピックアップおすすめ記事

3月で仕事を辞めるワイフのために「失業保険」について調べてみた。

やあ、また会ったね。君か。

アレ、今日は大きなダンボールなんか持ってどうしたんだい?
まるで…「リストラ」でもされたみたいな。

…そうだったんだね。失業か、そうか。

それならもらえるものはしっかりともらっておかなくちゃね。
奇遇だね、僕も最近調べたんだよ「失業保険」について。


 

こんちわ。ピースヘアーワークス(@piece_hairworks)の失業者です。

僕のワイフも転職するみたいですが、結婚式とかもあるので
しばらくはお休みして、失業保険をもらうとか。

僕は仕事柄、失業保険というのがいまいちわかっていません。(自営業なので)

旦那として、きちんと理解しておこう!と一念発起。
「失業保険」について調べてみました。

でもどうやってもらうの?

僕なりに調べてみたことを記録に残しておこうと思います(^-^)
※2015年3月現在の情報を元に調べました。


失業保険がもらえる人は?

ハローワークのサイトにて対象者を調べてみました。

参考:ハローワークインターネットサービス

雇用保険の被保険者(保険をかけられている人)の中で、
次の2つの条件に当てはまる人は失業保険を受け取ることができるようです。

就職しようとする積極的な意思があり、就職ができず「失業の状態」にある

ハローワークに通って、就職活動をしていて、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること。
したがって、次のような状態にあるときは、基本手当を受けることができません。

かんたんに解説すると、

やる気はあるけど色々な事情で仕事できない人=病気、妊娠など。
仕事をする気がない人=定年したけど仕事につかず、ゆっくりしようと考えてる人。

これらに当たる人は、失業保険はあげられませんよーってこと。

「やる気があって一生懸命に就職活動してるのに、なぜか就職できない健康な人」

ってことかな。つまり、働こうとしないで失業保険はもらえません。
働く意思があり、努力はしてるけど就職できない。そんな人が対象ですね。

…おいおい、うちのワイフダメじゃないか!もらえないじゃん!

離職の日以前2年間(24ヶ月)に、被保険者期間(※)が通算して12か月以上ある

ただし、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間(12ヶ月)に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可。

※ 被保険者期間とは、雇用保険の被保険者であった期間のうち、離職日から1か月ごとに区切っていた期間に賃金支払いの基礎となった日数が11日以上ある月を1か月と計算します。

これは、会社や企業で雇用保険に入っている人で、
ふつうに勤めている人ならクリアできる条件ですね。

毎月11日以上出勤していればオッケー。有給使っててもいいみたい。

雇用保険は、転職をしていても継続してカウントされます。
たとえば、A社で9ヶ月勤めていたとしたら
B社で3ヶ月勤めた時点で条件はクリアされます。

よほどのことがない限り、こっちは気にしなくても良さそうですね。
真面目に働いていれば問題ないでしょう。

失業保険の概要

失業保険がもらえる資格のある人は上記の通りです。
うちのワイフはダメっぽいですが…。

では次は失業保険の概要です。
いくらもらえるのか?いつからもらえるのか?いつまでもらえるのか?
その辺について調べてみました。

参考:みんなの給与計算教室

失業保険で支払われる手当(金額)の計算方法

失業保険で支払われる金額は、

退職前6ヶ月間にもらった給料(交通費なども込)を180(日)で割った金額。

具体例で計算してみましょう。
基本給220,000+交通費15,000+残業代25,000が過去6ヶ月続いていたとします、
計260,000×6ヶ月=1,560,000÷180=8,666(端数切り捨て)

ここから給付率という割合で、ひかれていきます。キツイな。

賃金日額 給付率
2,320円以上4,640円未満 80%
4,640円以上11,740円以下 80%〜50%
11,740円超14,310 円以下 50%

8,666円では何%かは載っていませんでした(´Д` )申し訳。
仮に60%と計算したら8,666×60%=5,199
これが基本手当の日額ですね。

年齢別で最高限度額も決められています。

年齢 最高限度額
30歳未満 6,440円
30歳以上45歳未満 7,155円
45歳以上60歳未満 7,870円
60歳以上65歳未満 6,759円

※最低は年齢関係なく1,856円だそうです。

失業保険の支給が始まるタイミング

では、失業保険はいつからもらえるんでしょう?
仕事を辞めた後だから、一刻も早く欲しいところです。

どんな人でも、仕事を辞めて(退職日)から7日間は待機期間として
失業保険は支給されません。ただ待ちましょう。
そして、その後に雇用保険加入年数と年齢、退職理由と合わせて
支給のタイミングがきまってきます。

自己都合で退職の場合  

雇用保険の加入年数→
1年未満
1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢共通
90日
120日
150日
障害者など
就職困難者
45歳未満
150日
300日
45際以上
65歳未満
360日

会社都合で退職の場合 

雇用保険の
加入年数→
1年未満
1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満
90日
90日
120日
180日
30歳以上35歳未満
180日
210日
240日
35歳以上45歳未満
240日
270日
45歳以上60歳未満
180日
240日
270日
330日
60歳以上65歳未満
150日
180日
210日
240日
障害者など
就職困難者
45歳未満
150日
300日
45際以上
65歳未満
360日

やめる理由が自分の都合の場合は、
なんと、90日(3ヶ月)経過後からの支給になるようです(^_^;)

三ヶ月どうするんだろ。

会社の都合では一ヶ月目から支給されるようですが。
そのためには証拠となる書類などがないと認められません。

「会社でリストラされたんです!」と言いはってもダメです。
証拠がないと無理みたいです。

その中でも会社の都合にできるケースとしては、以下のものがありました。

参考:ハローワークインターネットサービス

※わかりやすく僕なりに噛み砕いていますので、乱文ご了承ください。

  1. 「倒産」等により離職した者

    (1) 倒産して無職になった人。

    (2) 一ヶ月に30人以上の人がリストラされて「やば、俺もやめよっ」ってなった人。

    (3) 事業所が閉鎖になってしまったからやめた人。

    (4) 事業所が引越しして、めっちゃ遠くなって通えなくなってやめた人。

  2. 「解雇」等により離職した者

    (1) 会社に迷惑かけてないのにクビになった人。

    (2) 契約するときの労働条件と、全然違う仕事をさせられていて、やめた人。

    (3)給料の3分の1以上が2ヶ月にわたって給料日にもらえなかった人、やめる直前の6ヶ月の間にそれが3ヶ月以上あって、やめた人。

    (4)いつもの給料が85%未満に引き下げられて、やめた人。

    (5) やめる6ヶ月前に[1]連続する3か月で45時間、[2]もしくは1か月で100時間、[3]連続する2か月以上で平均して1か月で80時間を超える残業させられた人。働き過ぎでこのまんまじゃヤバイよっ!て行政機関に注意されても残業させられて、やめた人。

    (6) 入社時の雇用契約にない作業内容をさせられたり、異動命令が出た時に十分な訓練をさせてくれなかったために、やめた人。

    (7) 契約社員として契約が3年以上続き、更新を希望したのに、更新されなかった人。

    (8) 更新するって言われたのにされなかった人。(上記(7)に該当する場合を除く。)

    (9) 上司や同僚の故意の嫌がらせを受けて、やめた人。事業主がセクハラに気づいていながら、対処をしなかったことによりやめた人。

    (10) 事業主から直接ないし間接的に「やめてくれ」と言われたことによりやめた人(早期退職者優遇の制度を利用するとこれには当たらない)

    (11) 事業所において使用者の責めに帰すべき事由により行われた休業が引き続き3か月以上となったことにより離職した者

    (12)仕事が法律に触れて、やめた人。

以上のいずれかに当てはまる人は、一ヶ月目から手当がもらえますよ。

失業保険の有効期限は?

有効期限は仕事を辞めた次の日から1年間です。
これを過ぎてしまうと失業保険が残っていても、支給されませんので注意!

勤続年数によって、支給される日数が決まっているようです。

勤務年数*6 1年以上〜10年未満 10年以上〜20年未満 20年以上
年齢関係なし 90日 120日 150日

長く勤めればそれだけ長く支給されるので、職探しもゆとりが出ます。
もし、もうすぐ勤続10年!という方はもう少し粘るとお得です。

この日数×基本手当がもらえる失業保険の総額になります。

例)90日×5,199=467,910 これを月給に直すと155,970円です。
就職活動しながら約15万円が失業保険で得られることになります。
これはかなりアツいです!もらわないと損ですね。

あとがき

うーん、どうやら複雑な感じに思えますが
しっかりと理解しておけばお得になる仕組みです。

一番のポイントは「自己都合でやめない」事ですかね。

支給されるまでに90日以上も空いてしまうと、生活できませんからね。
できるだけ、1ヶ月目からしっかりともらいたいものです。

ワイフもこれで、安心して次の仕事を見つけられるといいなぁ。
ちょっと勉強してみてよかった。
失業保険の仕組みについて理解できました。

もし、周りに「仕事辞めたいんだ」って方がいたら
ぜひ、一度失業保険を見直してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする