• ピックアップおすすめ記事

個人事業主の僕が確定申告についてちゃんと理解を深めていこうと思う。まずは確定申告って何するのって話。

個人事業主の僕が確定申告についてちゃんと理解を深めていこうと思う。まずは確定申告って何するのって話。

やあ、個人事業主諸君。

毎年恒例の確定申告、ちゃんとやってる?
早め早めにやらなくちゃと思ってて、いつもギリギリになってる。

おや、君もそう?

僕も確定申告はまとめてやっちゃうんだ。
終わった後はもっと早くやらなきゃって思うんだけどね。


 

ども、確定申告大嫌いシゲ(@piece_hairworks)です。

毎年のこととはいえ確定申告嫌いなんですよ。めんどくさくてどうしてもギリギリにやってしまうから、作業量が本当に多くなってしまう。

しかも一年ぶりだからやり方も忘れてるし。

ということで今年からは早めに早めに始めていこうと思ってるんですけど、どうしても億劫になってしまって結局毎年一緒。このままではダメだなあって思うんですよ。

今年ブログを始めたのもいいきっかけなので、確定申告について理解を深めようと思います。毎年やり方忘れちゃうので、自分自身への備忘録として残しておきます。

Avatar image
ワイフ
いつも年末年始は確定申告でヒーヒー言ってるもんね。
Avatar image
シゲ
もっと早くから始めてればそんなことはないんだけどね。
Avatar image
偶然の産物
ブログに書いておけばちゃんと振り返ることできますしね、いいんじゃないですか?

個人事業主にとって確定申告は毎年やらなくちゃいけないことなので、勉強しておいて損はないと思います。そして今年は結婚もしたので尚更ですね。

まずは「確定申告ってなんですのん?」ってところから始めていきたいと思います。




「個人事業主」とか「確定申告」って何?

まずは個人事業主の定義から理解していきましょ。個人事業主や自営業者というと自由なイメージがありますが、具体的にどういう職業を指すのでしょうか。

個人事業主の定義・法人との違い

個人事業主(こじんじぎょうぬし)は、株式会社等の法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいう。一般には自営業者ともいう。

事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的だが、制限はなく、大規模な企業体を経営することも出来ないわけではないが、多くは小規模なものである。

個人事業主(自営業者)と法人経営者の違い[編集]

単に事業主(じぎょうぬし)と言えば、事業を行っている個人または法人(株式会社など)の両方を含む。法人はそれ自体が事業主であり、その社長・会長などを事業主とはいわない。この場合は、経営者会社役員と呼ぶ。

現在において、自営業者のことを株式会社の社長と混同して理解している者が多いが、それは間違いである(自営業者は法人を設立していない)。

法人成り[編集]

個人事業主が株式会社合名会社合同会社合資会社を設立して事業を法人化することを、「法人成り」という。

実態は個人事業と変わらないが、個人の資産・家計と事業を分別するほか、対外的なイメージや信用感、「株式会社」「取締役」といった肩書き、体面を得るために法人化することがある。

税法上のメリットを求めて法人化することも少なくない。個人事業主の利益には所得税が課せられるのに対し、法人は法人税が課せられるが、 所得税は超過累進課税で計算されるため、利益を得れば得るほど税金をひかれる一方、法人税の税率は常に一定なので、所得がある水準を超える場合、法人の方が有利となることなどである。

引用元:個人事業主 – Wikipedia

すごくややこしいね。頭痛くなってきた…。
個人事業主と法人化した事業はかかる税金が違うみたいだね。所得が高くなってくるとひかれる税金も高くなるから、成長した事業は法人成りするのが一般的みたい。
規模が大きくなってきたら個人事業主から法人成りしたほうが有利なんですね。

僕の場合は従業員は僕だけなので1人、なので所得も年間通して大きく変動することはありません。法人化して法人税をとられるよりも、個人事業主として所得税を払う方が残る利益が高くなります。

こうやってブログを書いて収益を上げているブロガーさんも、無職だったとしても開業届を出せば個人事業主として自営業者を名乗ることもできます。

では個人事業主がやらなければならない「確定申告」とはなんなのでしょう?

確定申告の定義

確定申告ってよく聞きますが、実際に何をするものなのでしょうか?

Avatar image
ワイフ
名前は知ってるけど、イマイチよくわからないんだよね。あれって何やってるの?

確定申告(かくていしんこく)とは、税金に関する申告手続を言い、日本においては次の諸点を指す。 個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること

法人が、原則として定款に定められた事業年度を課税期間としてその期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること

消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

引用元:確定申告 – Wikipedia

Avatar image
シゲ
1/1~12/31までの一年間で、どれだけ収益を上げてその利益を上げるのにどれだけ経費がかかったかを計算することだよ。簡単に言うとお店のお小遣い帳とか家計簿みたいなものだね。
Avatar image
偶然の産物
ちゃんとお小遣い帳をつけて、計算するのが確定申告ってことですね。

僕は美容師なので僕の仕事に置き換えて説明します。

僕が一人のお客さんを担当して、その代金として10,000円いただいたとします。これを売上と言います。

その10,000円をもらうために、お店の家賃や水道代・ガス代・電気代などがかかっています。シャンプーやカラー剤などのお金もかかっていますね。お店に出勤するのに電車に乗ってきて交通費がかかっているかもしれません。

このような利益を得るためにかかったお金を経費と言います。

Avatar image
偶然の産物
それ聞いたことありますね。よく経費削減って言ってますもんね。

その経費が仮に5,000円だったとします。そうすると10,000円(売上)−5,000円(経費)=利益は5,000円です。

その5,000円が事業所得になります。事業を通して得た利益のことですね。その事業所得が一年を通していくらになるかを計算することが確定申告です。

Avatar image
ワイフ
その所得に対してかかる税金が所得税ってことね!
Avatar image
シゲ
そういうこと。確定申告をすることで一年間に支払う所得税が決まるんだ。
Avatar image
偶然の産物
個人事業主は自分で税金を計算しないといけないんですね!

普通のサラリーマンは会社がその所得税の計算をしてくれるんだけど、僕ら個人事業主は確定申告をして税務署に所得を申告します。その所得に応じて超過累進課税(利益を得れば得るほど税金が上がる仕組み)で所得税が算出されます。

職種によっては売り上げの計算の仕方も違ったり、かかる経費が違うので確定申告のやり方は様々です。

源泉徴収と年末調整って?

サラリーマンや会社員の人は、毎月の給料明細で所得税が引かれていると思います。

これはお給料に対して、大体これくらいだろうという「暫定の所得税」を会社に一度預けている状態です。これを1年間分会社が貯めていってまとめて払ってくれています。これを源泉徴収と言います。

例えばあなたが毎月所得税が10,000円引かれていたとします。(暫定の所得税)

10,000×12ヶ月分=120,000円

Avatar image
偶然の産物
はい、僕の毎月の所得税が10,000円なんですね。こうやって引かれることを源泉徴収と呼ぶ、と。

一年の所得がわかると実際に支払う所得税も算出できます。これが100,000円だったとしましょう、すると100,000円払えばいいのに120,000円支払っていて20,000円払い過ぎていることになります。

Avatar image
偶然の産物
この20,000円の差額はどうなるんですか?

今まで毎月天引きされていた10,000円はあくまで暫定なので、所得が確定した段階でその差額分である20,000円は源泉徴収還付金としてあなたに戻ってきます。この差額を調整することを年末調整と言います。逆に足りない場合は追加で所得税を納付しないといけません。

Avatar image
偶然の産物
なるほど、計算して払い過ぎたものを戻したり、足りない所得税を納付するために年末調整するんですね。
Avatar image
シゲ
僕たち個人事業主の場合は確定申告。会社員の人たちは年末調整って感じだね。
Avatar image
ワイフ
名前はちがうけど、意味合いとしては同じってことなんだね。

個人事業主は確定申告することで所得税を算出します。会社員のように毎月天引きされるわけではないので、自分で計算して毎月その分を取っておく必要があります。

1年分の所得税を一括で払うのは金額的にも大きく、かなりの負担になるので意識してプール(予算などのような金銭を貯めたり、蓄えたりすること。)しておくほうがいいでしょう。

あとがき!

個人事業主だと自分で設定しない限り「給料日」の概念がなくなって、お金をプールするのを忘れがちになります。僕は決まって所得税の支払い時期(毎年3月半ばまで)に「お金がない!」ってなります。

Avatar image
ワイフ
ちゃんと貯めておかないと後で痛い目にあうんだね。
Avatar image
シゲ
でもついつい使っちゃうんだよね。
Avatar image
偶然の産物
今年はちゃんと貯めておきましょうね。

僕は所得税の分だけでも定期預金を作って、自動的に貯まるようにしています。そうしないと手元にお金があると、どうしても使ってしまうので。

今年は確定申告も早めに始めて、焦ってやらなくてもいいようにしようと思っています。ブログにしっかりと書き残して、モチベーションが下がらないように頑張っていこうと思いまーす!

続いては確定申告の種類についてです

それでは次は種類について理解していきましょう。

確定申告する個人事業主なら「白色申告」と「青色申告」の違いってなんなのか知ってる?でさ、どっちがお得なの?

ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

Check!オススメ確定申告ソフト

クラウド型会計ソフト「マネーフォワード(MF)」は、確定申告や会計・経理業務を、可能な限り自動化し、確定申告や会計処理を簡単で身近なものへと変えるために開発されたクラウド型会計ソフトです。
個人事業主は、初期費用無料、基本機能無料。全機能をフルに使える有料プランは個人事業主は月額800円。

個人事業主向けの「MFクラウド確定申告」をCheck!

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link







コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする