• ピックアップおすすめ記事

お弁当のおかずに入れたパスタがくっつかない!一手間加えるだけで劇的にくっつかない方法を実例とともにあなたへ

お弁当のおかずに入れたパスタがくっつかない!一手間加えるだけで劇的にくっつかない方法を実例とともにあなたへ

ども、シゲ@piece_hairworksです。

お弁当のおかずにパスタって入れますか?僕は結構好きなんで大量に作って冷凍したり、パスタをお弁当にしたりします。

って言うか麺類が好きなだけです。もう三食麺類でもオッケー。

こちらもチェック➡︎ 【無印良品】早い、安い、美味い。の三拍子揃った夏の手抜きご飯。『盛岡冷麺』を作ってみたよ。 | ピスログ

無印のパスタ美味しいですよね。(冷麺じゃん)でもお弁当のおかずに入れると気になるのがパスタがくっついてしまって団子みたいに固まること。

冷凍食品で売られているパスタのおかずはくっついてないのに、自分でパスタを作って冷凍したものはなんだかくっついてしまいますよね。これは結構テンション下がります。

ということで(どういうことだ)、今回はそんなお弁当のおかずに作ったパスタを一手間加えるだけでくっつかないようにするやり方をご紹介します。

この方法で世の中のお弁当男子の苦痛が解放されることを祈ります。

それではまいりましょー!


お弁当のおかずに作ったパスタがくっつかないようにする方法

今回は実際に僕のお弁当をパスタにしてお昼に食べるときにくっついていないかを検証したいと思います。

今日のパスタは「冷蔵庫の残り物を使った気まぐれシェフの気でも狂ったかパスタ〜カツオ節のセレナーデが聞こえる〜」です。

▼材料はこんな感じです。

本日のパスタの材料
  • パスタ
  • ほうれん草(冷蔵庫にあった)
  • ウインナーソーセージ(冷蔵庫にあった)
  • ちりめんじゃこ(その辺にあった)
  • サラダ油
  • 塩胡椒
  • 和風だし
  • 醤油
  • みりん
  • にんにく
  • 生姜
  • 朝早く起きる勇気

まずは麺を茹で上げていきます

パスタの命とも言える麺を茹でていきましょう。もうパスタはこれがないとパスタになりませんので、忘れないようにしましょう。麺忘れたらオーマイガーですよ。いや、忘れるわけがない。

塩を多めに入れて茹でていきますが、ちょっと長めに茹でていくのがポイント。理由は後ほどご紹介しますが、通常の茹で時間より気持ち眺めくらいでいいと思います(30秒とか1分とか)。

パスタを茹でる

茹でている間に材料を切りましょう

茹で時間の間に材料を刻んでおきましょう。今回のパスタは冷蔵庫の残り物なので基本的にはなんでもオッケーですが、僕くらいのレベルになれば肉・野菜・魚をバランスよく取るためにこんな感じ。嘘です。冷蔵庫にあったやつです。

明日死んでもいいくらい栄養を考えずに暮らしております。

材料を刻む

麺は柔らかめに茹で上げる

麺は先ほども言いましたが基本となる茹で時間を少しオーバーするくらいで茹でましょう。理由はもっと後で話します。そう急かさないでください。

しっかり目に茹でる

茹で上がった麺を冷水にさらしてぬめりを取りましょう

もう出てきちゃいましたが、これがちょっと長めに茹でる理由です。パスタの麺を水で締めるのでちょっと茹で時間をオーバーするくらいがちょうどよくなります。

寒い時間帯ですが頑張ってぬめりを取りましょう。

ぬめりを取ることで麺同士をくっつきにくくします。

ザルにあげる▼冷水を3〜4度変えながら、手で触ってぬめりを感じなくなるくらいまですすぎましょう。
水で流しながらぬめりを取る一本一本が絡まなくなるまでぬめりを取る

材料をまとめて炒めて麺と絡めます

あとは油で材料を炒めて、塩胡椒とにんにく、生姜、みりん、醤油、和風だしで味を整えます。ここでもポイントは「油を多めに入れて炒める」ことです。

材料を炒めます

麺を箸でほぐしながら絡めていきます。

油を多めにして絡めることで麺一本一本をオイルコーティングすることでくっつくのを防ぎます。

麺をほぐしながら混ぜる

麺自体がツヤツヤにオイルコーティングされたら味を見て完成です。

満遍なくパスタが油と絡まるように

あとは冷ましてカツオ節のセレナーデを添えて完成です

▼冷めてからお弁当として持っていきましょう。冷めるまでは髪を切ってめちゃくちゃダサくなった息子とでも遊んで待っていましょう。

ダサい髪型の息子

▼最後にカツオ節のセレナーデを添えて完成です。まるでカツオ節が今にも歌って踊り出しそうな感じになったら成功です。…踊ってないので失敗したようです。

完成


実際にお昼の時間になってもパスタはくっつかなかったのか?

さて、長々とうんちくを言ってきましたが果たして本当にパスタはくっつかなかったのでしょうか?

今回朝8時くらいに完成したパスタお昼の13時半くらいに食べたので、約5時間が経過している計算になります。ましてや冬場なのでもちろんお弁当は冷めてしまっています

百聞は一見に如かずと言うように細かいことは抜きにして、実際に見てみるのがわかりやすいと思います。どうぞご覧ください。

▼フォークで巻いていきます。本来ならこの時点でパスタがペヤングのお湯入れる前みたいにひとかたまりで持ち上がりますが…。

パスタにフォーク

▼フォークをねじって…

パスタをねじって巻きつける

なんと!まるで出来立てのように麺と麺がくっつかないではありませんか!

持ち上げてもくっつかない

これならお弁当のおかずとしてパスタを入れたとしてもまったく問題ありません。なぜかって?そう、なぜなら「くっつかない」のだから。

▼パスタの麺一本一本がバラバラになっているのがわかりますね。

麺一本一本がバラバラに

これならパスタをお弁当にしてもおかずにしても平気ですね!ごちそうさまでした。美味しくいただきました!

完食

シゲの「ひとこと」

Avatar image
シゲ
お弁当のおかずのパスタがくっつかない秘密は①水でぬめりをしっかりとる②オイルコーティングでくっつくのを防ぐ。そう言うことだったんですね。これを知ってからは積極的にお弁当のおかずにパスタを入れています。
注意点としては動物性の脂は冷めると固まってしまうので、ひき肉を使ったパスタなんかはどうしても固まってしまいます。その辺は電子レンジで加熱するなどして対応してください。

いろんなタイプのパスタを小分けに作っておいて、お弁当の作り置きとして冷凍しておくと朝のお弁当作りが捗りそうですね。たった一手間でくっつかなくなるのは盲点でした。

朝は時間がないのでできるだけなんでも簡単に済ませたいですからね!

こちらもおすすめ➡︎ 朝ごはん作るのがめんどくさいのでトースターだけでできる簡単な「ラピュタパン」ですませよう | ピスログ

パスタが好きなお弁当男子にこのセレナーデを送ります。

それでは〜

ははは、じゃあねー!( ^ω^ )

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする