• ピックアップおすすめ記事

壁に写真を飾るために画びょうで壁に穴をあけたくない時に便利なアイテム「ニンジャピン」と「ひっつき虫」を使ってみた

壁に写真を飾るために画びょうで壁に穴をあけたくない時に便利なアイテム「ニンジャピン」と「ひっつき虫」を使ってみた

ども、シゲ@piece_hairworksです。

壁にものを飾ったり、写真を貼りたい時ってありますよね?僕はあります。っていうかお願い、あるって言って。

そんな時に使うのが画びょうですよね。そう、先っちょが尖っていてカチカチに硬くて奥まで刺さるあれです。いえ、画びょうの話です。それを使って壁にカレンダーやポスター、ハロウィンなどの飾りつけなどをします。するかしないかは別としてとにかく刺しますよね。

ですが賃貸だったり、新築の家だったりすると壁に穴を開けたくないものです。

最近僕も引っ越したばかりなので、できるなら画びょうを使わずに穴をあけずにデコレーションしたいものです。そんな時にぴったりのアイテムをritukaさん(@sweet_shower)がブログで紹介してたので、早速パクりました。あ、いえ早速マネしました。

こちらもチェック➡︎ 賃貸でもOK!壁に時計や額縁が飾れる実力アイテムをご紹介 | ライフハック | Sweet Shower

そんな商品の中で2つほど購入して使ってみました。実際に使ってみたいなーって思っている方はちょっと待て!紹介させてくれ!実際に使ってるところ見て考えてくれ!100000000円ください!

ということで(どういうことだ)、実際に使って見た感想も含めてレビューしてみたいと思います。

それではまいりましょー!


壁の穴を目立たせなくするニンジャピン

th_img_8753

まず一つ目は「ニンジャピン」。穴をあけたくないって言ってるのにいきなりあけるんかい!とクレームが来そうですが、安心してください穴がとても目立たないものになっておりますゆえ。

簡単に貼れるポスターや写真は、画鋲や両面テープを使って貼ってる方も多いと思います。

画鋲は年数が経つとサビてきたり、賃貸なら穴あけができないので我慢しますよね。また、両面テープの強力なのりは跡が残ったりとなかなかやっかいなものです。

そんなお助けアイテムにはニンジャピンが今や有名になっています。

img10292695624

これなら本当に分からないですね!画鋲はピンの跡がクッキリと残りますが、ニンジャピンはV字型の断面形状なので跡が目立たない仕組みになっているのです。

引用元:賃貸でもOK!壁に時計や額縁が飾れる実力アイテムをご紹介 | ライフハック | Sweet Shower

穴をあけると目立つ穴を逆に目立たないようにしよう、という考え方のアイテムですね。

実際に使ってみるとその穴の小ささに驚きました。

▼中にはシンプルなニンジャピンが…!ニンジャ感が全くないのは置いといて、とてもシンプルなデザインです。

th_img_8754 th_img_8755

▼先が細くなっており、通常だと円錐状になっているピン先が薄くL字になっています。手が汚いですね。

th_img_8756

▼通常の画びょうとくらべてみました。先が細いのがよくわかりますね。これだけで洗練されたイメージですね。ポッキーと一緒でなんでも細い方がうまいです。

th_img_8758

▼通常のものだとピン先が太いので、穴がよくわかってしまうんですね。なんと!手が汚いですね。

th_img_8757

▼実際に普通のピンとニンジャピンを比較して穴をあけてみました。これが通常のピンの方の穴です。ホクロみたいですね。

th_img_8759

▼その下にニンジャピンを挿してみましたとさ。

th_img_8761

▼上下に並べて穴の違いを比較してみました。下のと比べると通常の方が大きいのがわかりますね。

th_img_8762

実際に使ってみて思ったのはL字になっているから目立たないぶん、回しながらさすことができません。力の入れ方が通常の画びょうに比べて難しいので、硬めの壁にはちょっと力がいりますね。

ニンジャピンは回しながら入れると結局穴を広げてしまうので注意が必要です。回しちゃった。

確実に通常の画びょうより穴は目立たなくなるので「壁の穴を目立たせたくない!」って人にはぴったりのアイテムだと思いますよ。カラーバリエーションも豊富にあるので、カラフルに飾ってもかわいいですよ!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-19-56-55

▼無印良品にも同じようなコンセプトの画びょうがありました。こんだけ無印良品好きなくせにこれ知らなかった( ゚д゚)


繰り返し壁にくっつけられるアイテム「ひっつき虫」

続きまして「ひっつき虫」の方に参りたいと思います。ひっつき虫って…虫かよ!

▼虫ではございません。柔らかい粘土のような接着剤でございます。決して虫ではございません。

th_img_8847

これが結構便利なやつで軽いものなら簡単にくっついてくれます。紙とか写真とかだったら簡単にくっつきますよ。

▼中身はこんな感じで塊になってます。これ一つで一箇所留めるのかと思ってましたが、これ一個をちぎって留めるようになっています。

th_img_8848

▼シートにくっついていますので、それをペヤングの蓋のようにはがします。ペリペリペリとはがしますです。中にはもちろんペヤングは入っていません。このネタ2回目です。

th_img_8849

▼粘着力はかなりのものですが、くっついた後もまとまるくんみたいにまとまるので嫌なくっつき方ではありません。まとまるくんってわかるんかな。あ!それと、手が汚いですね!

th_img_8850

▼どんな形にも変えられるし、ちぎっても粘土のように簡単にくっつきます。これかなり便利。マジで手が汚い。

th_img_8851

ひっつき虫で壁に写真を貼ってみました

早速この間めちゃくちゃ安く写真を印刷したんで、試しに壁に貼ってみました。

こちらもチェック➡︎ 200枚で送料込み1000円!?写真はネットプリントした方が安い!「しろくまフォト」でネットプリント注文してみた。良いプリンターもインクもいらないわコレ… | ピスログ

▼それでは早速貼ってみます。うちに息子ですか?めっちゃキュートっすよ。写真にしても滲み出てますね。

th_img_8852

▼四隅にひっつき虫を貼ります。初めてやったのでこれくらいでやりましたが、壁に写真を貼るくらいならこの半分の量でも十分留まりましたよ。吸着力はすごいです。

th_img_8853

▼壁紙に貼ってみたのがこんな感じです。パッとみた感じ違和感ないですね。壁に穴もあかないし、剥がす時も簡単に取れました。

th_img_8854

剥がすとひっつき虫が残ることもありますが、他のひっつき虫をくっつけると一緒になってキレイに取れてくれます。

▼写真についているひっつき虫も、指でくるくるとまとめながらこねるだけでキレイに取れます。昔懐かしの「ねり消し」に近い感じですね!指も汚いことですし。

th_img_8857

壁にも痕跡残さずに貼ることができるので、画びょうとかもはやいらないレベルです。穴もあかないし、何よりも留めてるのがわからないので、写真などもこれで貼り付けるとバッチリですね!

シゲの「ひとこと」

Avatar image
シゲ
最近はこんな便利なものがあるのか〜と感動しました。どれもAmazonや楽天で買えるのでもはや画鋲の代わりにこれを常備しておくだけで十分だと思いましたね。特にひっつき虫は一つあればかなり使えるのでお得です。

新築や賃貸で壁に穴をあけたくない、もしくは目立たないようにしたい方にはオススメの商品でした。実際に使ってみて特にそう思いました。

次回はこのひっつき虫を使って子供の写真をデコレーションしてみます!

それでは〜

ははは、じゃあねー!( ´∀`)

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする