• ピックアップおすすめ記事

ミニマルライフのすすめ。僕がミニマリストに憧れるきっかけはコレなんです。 

ミニマルライフのすすめ。僕がミニマリストに憧れるきっかけはコレなんです。 

やあ、無駄遣い諸君。

相変わらずモノだらけの部屋で窮屈に暮らしてるらしいね。
「モノに囲まれているだけで幸せ」なんて、
モノがなかった時代の幻想だよ?

早く気づいて欲しいな。
モノがない暮らしがどれだけ快適なのかってのを。

でも、何かを手に入れることよりも
手放すことの方が何倍も難しいんだけどね。


 

 

世の中どこを見てもモノだらけ。
たくさんのモノに囲まれて生活していることが、
幸せに思えることも。

モノがなくなることに不安を感じる人もいるようですね。

僕も実際に財布がマネークリップになって、
当初不安を感じましたし。

参考:まだそんなにも「パンパン」なの?時代はミニマルライフだよ

ただ、それ以上に「身軽さ」を感じたのも事実です。

「なんで急にそういう生活しようと思ったの?」

うちのワイフに聞かれました。
そのきっかけになったものを、特別に今日はいくつかご紹介。




シンプルな生活を綴った映画

tumblr_msj2jpn07Y1sfie3io1_1280「365日のシンプルライフ」という映画をご存知ですか?
正確に言うと僕も知らなかったんです。

むしろまだ見れてないですしw

▼『365日のシンプルライフ』

自分の持ち物すべてをトランクルームに預け、1日に1個だけそこから持ち帰る。
それを1年間続け、1年間は何も買わない

設定が面白いな、と純粋に思いましたね。
いきなり全ての持ち物を手放すことは、とても恐ろしいですけど。

1日に1つだけしか持ち帰れないというルールは、
自分にとって本当に必要なモノはなんなのか?
ということを考えるいいきっかけにもなる。

「持っているモノの多さで、幸せは計れない」

たくさんのモノが本当に必要かどうか?
それがあってあなたは本当に幸せになっているのか?

今一度見直すきっかけになりました。

ミニマリズムを追求することで人間力が増す

SplitShire-8377

ミニマルライフをするメリットとはなんでしょう。
便利なものが生活からなくなるという事は、不便になるということですよね?

「全然いいことじゃないじゃん!」

そう感じる人もいるでしょうね。
実際にそうかというと僕は逆に思うのです。

生活が楽になるということは、裏を返せばそうすることでしか生活ができないということです。

「炊飯器がなければ暖かいご飯が食べられない?」

そんなことはありませんよね。
実際に土鍋で毎日必要なだけご飯を炊く生活の人もいます。

…僕は炊いたことがありませんが。

不便ということは人間にとって、悪いことばかりでもなさそうです。
知恵を絞り、考察し、最良の方法を考えることができます。

便利さはこういった「人間らしさ」を奪っているのかもしれませんね。

昔は無くても生活できていたのに、です。
シンプルな生活は人を成長させてくれるようにも解釈できます。



クローゼットの中は迷いと洋服にあふれている

photo-1416339698674-4f118dd3388b

女性の方ならきっと、クローゼットいっぱいの洋服を夢に見ますよね。

毎年増えていく洋服に頭を悩ませて、
上手な収納方法が特集してある記事を見て「なるほど!」と頷く。

奥の方にはまだコーディネートに参加できてない洋服が、
朝のパチンコ屋のように列をなしているというのに。
そんな経験ないですか?

そんなあなたならもはや必要ないかもしれませんが、
おすすめなのがこちら。

▼「フランス人は10着しか服を持たない」

高級料理を食べて、たくさん買い物をして、
あちこち旅行をしても、
心からの満足を感じられないあなたへ。

典型的なカリフォルニアガールだった著者は、
フランスの貴族の家にホームステイすることになる。
その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、
毎日を“特別な日”のように生きること。

*間食はせず、食事を存分に楽しむ。
*上質なものを少しだけ持ち、大切に使う。
*日常の中に、ささやかな喜びを見つける。
情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載。

Amazonより抜粋

 

本文の中でピックアップすべきは第2章。
あなたは今のクローゼットの中身を10着まで絞れますか

安物の洋服を山ほど買い込むよりも、きちんとしたものを大切に。

あ、僕はできませんよ。
でもそういった生き方をしていくことにはとても憧れますね。

▼以下が目次です。

Part 1 食事とエクササイズ

Capter1 間食はシックじゃない
Capter2 食べる喜びを我慢しない
Capter3 面倒がらずに体を動かすPart 2 ワードローブと身だしなみ

Capter4 10着のワードローブで身軽になる
Capter5 自分のスタイルを見つける
Capter6 ノーメイクみたいにメイクする
Capter7 いつもきちんとした装いで
Capter8 女らしさを忘れずに

Part 3 シックに暮らす

Capter9 いちばん良い持ち物をふだん使いにする
Capter10 散らかっているのはシックじゃない
Capter11 ミステリアスな雰囲気を漂わせる
Capter12 物質主義に踊らされない
Capter13 教養を身につける
Capter14 ささやかな喜びを見つける
Capter15 質の良さにこだわる
Capter16 情熱をもって生きる

 

必要最低限の洋服でシンプルなコーディネートをする。
だからこそフランス人はセンスが良いのかも?

もしもクローゼットの中をスッキリさせるためのサービスの一つとして、ファッションレンタルサービスもあります。有料ですが、無駄に服を持ち続けるよりも最新のファッションのみを毎シーズンレンタルするという、身軽な暮らしも実現可能です。


▶︎日本初の男性向けファッションレンタルサービス「leeap(リープ)」

モノを持たなければ家なんか狭くていいでしょ

モノが溢れてくれば自然と置き場所も必要になります。
家もどんどん広くなる。

「僕もいつかは大豪邸を…」

なんて思っていましたが、最近では全く感じなくなりました。
モノを持たないなら狭くたっていいんですよ。
無駄に広い家は掃除も大変ですしねw。

何より、家族との距離感は近い方がいい。

家にいるんだかいないんだか、わからないような生活よりも
「おはよう」や「おやすみ」がちゃんと言いあえる。

そんなコミュニケーションが絶えない「我が家」にしたいものです。

▼こんなお家もいいかもしれませんね!(参考: YADOKARI

あとがき!

いろんなものに影響を受けて、
僕のミニマリズムは始まりましたね。まだまだできてないですけどw。

全てを手放すことはとてもじゃないけどできない。
でも窮屈な暮らしはしたくない。

情報過多でモノが多すぎるこの時代をどうシンプルに生きるか。

なんだかんだ言って僕も山ほどのモノに囲まれています。
自分も見習うべきかもですね。

まずは家を占領しているいらない本やCDを処分しようかな。するとお金がたまることも?

こちらもチェック ミニマルライフを意識するだけで、あれ?ラッキー!◯◯円貯金できたよ。 

着るものもできるだけ絞ろう。
そしたら今のぼろアパートも、立派な豪邸に変わるかもしれません。
そういえば….

 

「あなたの手に持っているそれ、本当に必要なものですか?」

 

ふふふ。じゃあね。

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link







コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする