初心者が分解!メディバンペイントでデジタルイラストでラフ→下書き→線画までの流れ

初心者が分解!メディバンペイントでデジタルイラストでラフ→下書き→線画までの流れ

iPad Proマジでいい。Apple Pencil最高。

あっ

すいません、なんか勝手についてが動いて心の声を打ってました。

ども、シゲ@piece_hairworksです。

ドラゴンボールの模写を始めたんですが、描いて見てやっぱりマンガ家の人やイラストレーターの人のすごさを感じます。全部手作業とかマジですごい。

僕なんかワンカット書き上げるのに恐ろしく時間かかるのに。心折れそうになるわ。

あ、ちなみに僕が絵を描くのに使っているのは無料のお絵かきアプリ、「メディバンペイント」です。無料でここまでできるなんてすげー。いい時代。

メディバンペイント

メディバンペイント
開発元:MediBang inc.
無料
posted with アプリーチ

他にも使っているアプリがあるんですが、結局これが一番広告も気にしなくていいし、無料だしとさほど不満なく使っておりまする。

今回は模写をするにあたってどんな流れでやっていくのかをメモ。

完全に自己流なんで正しいかどうかはわかりませんが、素人が自己満足でやっているのでほっといてください。いや、むしろ教えて。

ということで(どういうことだ)、まずは模写のラフ→下書き→線画までの流れを分解して見ていきます。

それではまいりましょー!

まずは「アタリ」を取りながらラフを描く

今回使ったのはこれ。ドラゴンボールまじすげー。描いててワクワクするのは僕にサイヤ人の血があるからでしょうか。そう言えば満月の夜は外に出てはいけないとよく親に言われt…

まずはアタリと言われるものをとっていきます。アタリってのはどうやら絵を描く目安になるもののことらしいです。

Q.「アタリ」って何?
A.イラストや漫画を描く際に、鉛筆などを用いて線で大まかな位置決めをする下書き作業のことを指す。人物の顔などの場合、その中に目や鼻などの位置を十字で引いたりする作業のこと。使い方としては、「アタリをとる」「アタリをつける」などと言う。
引用元:アタリ (あたり)とは【ピクシブ百科事典】

顔につけた十字線、こんな感じのものがアタリって言うんでしょうかね。下書きの目安って感じです。

上手い人はもっとちゃんとやるんでしょうが、もうね、こう言うのはざっくりでもいいんですよ。(目の位置とか全然あってない)どうせあとで全く違う絵になっちゃうしw

なんとなく人形っぽい感じになってればいいんじゃないでしょうか。なんかヒソカみたいになった。もうヒソカもかけるな。

▼これがいわゆるラフってやつでしょうか。

そのラフを元に下書きを描いていきます。ここは結構大事な気がする。下書きがしっかりしているとクオリティーが上がる気がする。

▼この段階でかける線はできるだけ描いておく方がいいです。あとで足せないっちゃ足せない。

▼あ、レイヤーの追加の仕方を忘れてました。この「+」のとこ押したら追加されます。

▼カラーレイヤーってのを選びます。(他のはよくわからない)

▼そしたら下のレイヤー(先に書いたやつ)の透明度を下げます。30%くらいかな。

▼すると薄くなって描きやすくなるので、ペンで下書きから線画を描いていきます。


ところどころ見にくい時は拡大したり、線が薄くて描きづらい時は透明度をあげて確認しながら描きましょう。

▼線画の完成度を確認するには、レイヤーの目のマークを消すと下のレイヤーを非表示にできます。

▼すると線画だけ表示することができます。

▼これを繰り返して納得いくまで線画を書き上げます。

もう疲れたのでこの辺にしておきます。

シゲの「ひとこと」

Avatar image
シゲ
紙のイラストだとやり直しが効かなかったり、細かい部分で技術が必要です。デジタルなら僕みたいな素人でもハードルが下がりますね!

使い方に慣れるまでは試行錯誤の連続ですが、その作業もまた楽しいところです。

デジタルとアナログの融合というか、やっぱり新しいテクノロジーはワクワクしますよね。

大人になってここまでラクガキで、テンション上がったのは初めてのことでしたw

それでは〜

ははは、じゃあねー!♪( ´▽`)

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)