LINNER Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンはネックバンド型で耳から外れなくて良い【PR】

LINNER Bluetoothノイズキャンセリングイヤホンはネックバンド型で耳から外れなくて良い【PR】

ども、シゲ@piece_hairworksです。

先日アクティブノイズキャンセリングイヤホンなるものを始めて体験して、久しぶりにイヤホンで「おお〜」ってなりました。

とは言っても最近iPhone Xに変えたばかりの僕としては、イヤホンジャックがないので使いどころに困ってました。

そんな時にまたしてもタイムリー、LINNERさんからBluetoothのノイズキャンセリングイヤホンをご提供いただきました。マジで嬉しい。

値段も1万円以下と大手のメーカーに比べるとかなり安い。

Bluetoothというとワイヤードに比べると音が悪いと聞きますが使ってみた感じ別にそんなことはありません。

むしろその弱点をノイズキャンセリング機能が絶妙にカバーしている商品だと思います。Bluetoothイヤホンとして費用対効果は抜群に高いですね。

LINNERのアクティブノイズキャンセリングイヤホン

外箱。シンプルで好きなデザイン。

いきなりイヤホン。これはアガりますね。パッと見ガイコツのよう。

内容物。キャリングポーチとかUSBケーブルとか。普通。

デザインはほとんどDECOKAと同じ感じ。

耳に引っかかるところ(なんていうか知らない)があるだけで装着時の安定感がかなり違います。

イヤホンの近くにノイズキャンセリングをコントロールするリモコンが。

横にはUSB端子とオンオフボタン。

ネックバンド型なので、イヤホンが耳から落ちて大変とか運動するひとなんか良さそう。走っててもズレなさそう。最近走ってないけど。

リモコンはよくある感じ。+を長押しで曲送りとか、真ん中を長押しでペアリングとか。リモコン付きを使ったことある人は直感的に行けます。

まずは充電しましょう。

説明書には2時間でフル充電(13時間連続使用可能)って書いてますが、10分くらいで満タンのサイン。いきなり使える仕様になってるのは好感が持てます。

ペアリングもスムーズ。真ん中を長押ししてiPhone Xの方で設定。ツーアクションで可能です。アナウンスは全部英語。

はじめてBluetoothイヤホンを買った時のやつと比べると、こっちの方がスムーズでいい。あと個人的に音声案内は女性の方が嬉しい。

それなりにアイテムのサイズは大きくなりますが、フィット感や運動時の安定感はこっちのが遥か上。もちろん値段も遥か上ですが。

使ってみた感想

音質的には、

  • ノイズキャンセリングを有効にすると没入感がすごくて音を拾いやすい
  • 低音が良く分かる(ドカドカしてるわけじゃなくてベースのうねる音が良く分かる)
  • ダンスミュージックよりジャズ・ロックにオススメ(ゴーストノートとか良く聞こえる)
  • 映画とかドラマとか聞くと小さい音の表現がいい

って感じです。Bluetoothだから音が悪いとか全然感じません。むしろ音いいんじゃないかな。

ハイハットの細かい表現が臨場感あって「この曲こんな音数多かったんだ」と気づかされました。

最近今更ながらAmazonプライムビデオで「24」みてるんですけど、映画などのドラマチックな音楽でこそその効果を発揮できるアイテムですね。

まとめ:映画とかよく見る人はノイズキャンセリングいいよ

Avatar image
シゲ
最近はAmazonプライムビデオとかで映画見る人多いので、ちょうどいいイヤホン探してる人にはオススメしたい。

ノイズキャンセリングってのはいいもんですね。しかもちゃんと周りの音も聞きたいシチュエーションの時はワンタッチで切り替えできるので、その辺も柔軟性あっていい。

いつも聴いてる音楽が違って聞こえるのでオススメ。

買うならBluetoothのやつを強くオススメします。

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)