個人事業主は年金を増やすために付加年金が手続き簡単でお得。申請してきたけど5分でできた!面倒臭くないからおすすめだよ。 
  • ピックアップおすすめ記事

個人事業主は年金を増やすために付加年金が手続き簡単でお得。申請してきたけど5分でできた!面倒臭くないからおすすめだよ。 

やあ、個人事業主諸君。

年金対策はばっちりかい?
国民年金じゃあ心許ないよね。

まだまだ先の話だから、気にしなくてもいい?

年金は積み重ねがものを言う仕組みだから、
早ければ早い方が手厚い保障があるよ。


 

ども、個人事業主のシゲ(@piece_hairworks)です。

年金の仕組みはいくつもあって、どれが自分に合っていて手厚いのか。本当にわからないもんですよね。僕も勉強してはいるものの、仕組みが難しすぎて難解です。

▼年金に関してはこちらもどうぞ。

今回はその中でも付加年金についてです。今まで僕も知らなかった制度ですが、調べていく過程の中でお得な制度なので是非加入したいと思いました。

▼付加年金ってなに?って人はこちらをまずは見ておいてください。

個人事業主の年金は国民年金だけど、付加年金でもらえる年金額をアップさせよう!

実際に付加年金に登録してきたので、その過程をシェアしますね。

とても簡単なので「加入しようかなぁ…」という人にはおすすめです。手続きは5分で完了します。

Avatar image
ワイフ
年金の手続きってそんな簡単なの?めんどくさいイメージがあるけど。
Avatar image
シゲ
全然簡単だったよ。5分で終わった。
Avatar image
偶然の産物
ややこしいことが多そうに感じますよね。





付加年金の手続きは市区町村の役所で行います

付加年金の加入手続きは最寄りの役所で行います。僕は横浜市の戸塚区在住なので、戸塚区役所で行いました。区役所内の保険年金課という課に問い合わせましょう。

IMG_2282IMG_2284

付加年金については保険年金課の近くに国民年金のパンフレットがあり、その中にも小さくですが載ってました。これでは知らない人が多いんじゃないかと思います。

▼20ページ程度の冊子の中で説明はこの一箇所だけ。気づかない人も多いのでは。

IMG_2280IMG_2281

制度はとてもお手軽な掛け金で、手厚い保障が受けられるというのに。

付加年金の手続きの手順

付加年金の手続きはあっという間に簡単に終わります。まずは保険年金課で受付を済ませましょう。年金手帳を持ってきているかどうか聞かれますが、忘れていても大丈夫です。あった方がスムーズですが、僕は持って行っていませんでした。

僕が区役所に行ったのは12時前後。特に混んでる様子もなく、待ち時間もなく呼ばれました。

付加年金の書類に必要事項を記入するだけ

とんでもなくめんどくさい手続きがあるかと思いましたが、以外と簡単でした。

▼対応してくれたおじさんの出してきた書類に、必要事項を記入するよう言われました。

IMG_2283

年金番号はおじさんが書いてくれたので、あとは生年月日と名前や住所を記入するだけです。たったこれだけで、手続きは終わります。

その後納付書が記載した住所に送付されるとのことなので、届き次第支払いを始めるとオッケーだそうです。手続きの時間はおよそ5分。ついでに行くことがあればやっておきたい年金対策ですね。

Avatar image
ワイフ
えーめっちゃ簡単なんだね。たったこれだけ?
Avatar image
シゲ
そうなんだよ。意外だよね。
Avatar image
偶然の産物
あっという間ですね。もう終わりなんですか?

めんどくさがりの僕でも簡単に加入申請ができたのでした。個人事業主の人でまだの人は、参考になれば幸いです。

注意点としてはこの付加年金、国民年金基金と併用することができません。もし国民年金基金を利用する予定なら、付加年金はおまけ程度の年金制度なので見送った方がいいでしょう。

シゲのあとがき。

今回は付加年金の申し込み手続きについてでした。いかがでしたでしょうか?

簡単に手続きが出来て、少ない掛け金で将来の年金をグレードアップ。これは厚生年金保険のない自営業・フリーランサーの方は要チェックです。

小規模企業共済の掛け金も少しあげようかと思っているので、そちらも変更したら記事にしてみたいと思います。

Avatar image
ワイフ
そんなにお金あるの??
Avatar image
シゲ
うーん、ないな。あったらカメラ買うわ。
Avatar image
偶然の産物
ゆっくりと、ですね。

安心のある将来になるといいですね。

ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link







コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする