• ピックアップおすすめ記事

ファイナルファンタジーの今。プレイステーション3からのファイナルファンタジーはもはやゲームじゃないよね。

ファイナルファンタジーの今。プレイステーション3からのファイナルファンタジーはもはやゲームじゃないよね。

やあ、ファイナルファンタジーフリーク諸君。

ファミコンから思い返すと今のゲームはすごいね。
システムの変化についていくのに必死だよ。

「たたかう」だけではどうにもならなくなったのはいつからだろう。

もう昔のゲームになんか戻れないんじゃない?
というよりそんなにもうやる時間もないか。


 

ども、ファイナルファンタジー大好きシゲ(@piece_hairworks)です。

ファイナルファンタジーの今までをご紹介してきましたが、もう見ました?

Avatar image
ワイフ
どんだけファイナルファンタジーのこと調べてんの?仕事しなよ。
Avatar image
シゲ
確かにファイナルファンタジーに詳しくなったような気がする。
Avatar image
偶然の産物
詳しくなったところでどうにもならないですよ。

今回はプレイステーション3のファイナルファンタジーシリーズです。どうぞお付き合いください〜。

※現在(2015/08/15)の時点で発売されているファイナルファンタジーは1〜14まで。その中でもプレイしたものもしてないものもあるので、ご容赦ください。




ファイナルファンタジー13

あsdふぁ

2009年の12月に発売された、プレイステーション3初のファイナルファンタジー。今までのファイナルファンタジーの常識を覆すほどのグラフィックとムービー、全く新しいストーリー展開。

▼動画を見るとそのクオリティの高さがわかります。髪の毛一本に至るまで精密に表現されています。

Avatar image
ワイフ
戦闘シーンとムービーのシーンがほとんどかわらないね!キレー。
Avatar image
シゲ
もはやファイナルファンタジーがゲームだということを忘れてしまう。
Avatar image
偶然の産物
バトルもスピード感がありますね。

ファイナルファンタジーの定番とは違う、全く新しいストーリーが動画からわかります。フルボイスで表情が豊かになったのもあり、それぞれの心情がよりわかるようになりました。

ファイナルファンタジーのメインシリーズとしては初めて高精細度の映像規格に対応したゲーム機向けのタイトルである。

本作品を含むプロジェクトである「FABULA NOVA CRYSTALLIS」は、ラテン語で「新しいクリスタルの物語」という意で、『ファイナルファンタジーXIII』、『XIII-2』、『零式』、『XV』等の関連作品が一つの神話世界を共有しつつ、それぞれ別の物語として展開される。

引用元:ファイナルファンタジーXIII – Wikipedia

FABULA NOVA CRYSTALLIS」という新しいプロジェクトの中の作品の一つであり、新しい神話がこのファイナルファンタジー13では語られる。登場人物それぞれにストーリーがあり、それ同士が複雑に絡み合うかなり伏線の多い作品。

「ルシ」や「ファルシ」など、この作品オリジナルの造語が多いので、世界観を理解するのに時間がかかります。

バトルシステムも今までのファイナルファンタジーとは一線を画しており、従来のものとは全く違うので戸惑った人もいると思います。

バトルシステム

コマンドを入力するのはリーダーに設定したキャラクターのみで、他のキャラは完全オートで行動する。本作にMPの概念は存在せず、魔法等のアビリティはATBバーのコストを消費し、強力なものほどATBバーを多く消費する事になる。

バトルが終了するとHPは全回復し、戦闘不能などの状態異常は解除される。 バトル終了後、直接ギルは獲得できない。宝箱を開けて直接入手したり、バトル等で入手したいらないアイテムを売ることでギルを得ることになる。経験値によるレベルアップのシステムではないため、戦闘終了後にクリスタルポイント(CP)が与えられる。CPはクリスタリウム(後述)でステータスを向上させていく。

本作ではリーダーキャラが戦闘不能になると、他の仲間が健在でもゲームオーバーになる。ゲームオーバー後は、エンカウント前からリスタートするかゲームを終える形となる。

オプティマ[編集]

作戦のようなもの。AIで動くパーティーメンバーのロールを変更し、行動を制御するシステム。戦闘中にL1ボタンを押すとオプティマの一覧が表示され、いつでも何回でもチェンジでき、パーティーの戦力と行動パターンを変化させることができる。

オプティマは事前にセットしておいたものの中から選択する仕組み。各メンバー(最大3名)のロールを個別に変更することはできない上、最大6種類のオプティマしかセットできず、戦況に合ったオプティマを用意しておかないと苦戦を強いられる。

ロール[編集]

従来シリーズのジョブのようなもの。キャラクターの能力や使えるアビリティは、セットしたロールによって変化する。また固有のボーナス効果も得ることができ、パーティ全体に効果を及ぼす。同じロールのキャラクターがいれば、効果がより高まる。ロールのレベルが上昇することでも効果が上がる。

英語版では、大半が兵士の役割にちなんだ名前になっている。

ロール 特徴
アタッカー
ATK
 攻撃に特化したロール。主に無属性の攻撃で戦う。ボーナス効果は攻撃のダメージが増加する。
ブラスター
BLA
 チェーンを繋ぐことを得意とするロール。属性攻撃も得意。ボーナス効果はチェーンゲージの増加率が増える。
ディフェンダー
DEF
 防御に秀でたロール。挑発などのアビリティも習得する。ボーナス効果は被ダメージが減少する。
ヒーラー
HLR
 回復に特化したロール。攻撃はいっさい行わない。ボーナス効果はアイテム、魔法によるHPの回復量が増加する。
エンハンサー
ENH
 パーティー支援用のロール。プロテス、ヘイストなどを習得する。攻撃はいっさい行わない。ボーナス効果は強化効果の継続時間延長。
ジャマー
JAM
 相手の弱体化を行うロール。バイオ、スロウなどを習得する。ダメージを与えることも可能。ボーナス効果は弱体効果の継続時間延長。

引用元:ファイナルファンタジーXIII – Wikipedia

パーティの中でそれぞれのキャラに役割を持たせて、プレイヤーはリーダーを操りながらその監督をするイメージのバトルシステムです。

Avatar image
ワイフ
成長システムも変わってるみたいだね。クリスタリウムっていうの?
Avatar image
シゲ
10のスフィア盤ににてるね。

クリスタリウム

本作の成長システムは、バトルで獲得できるCPクリスタルポイント)を使い、ステータス上昇やアビリティ取得でロールごとに成長させていく。ファイナルファンタジーXの「スフィア盤」に近いが、クリスタリウムはキャラクターごとに別々であり、自由度は高くない。

配置されているクリスタルの種類は、同じ種類のロールでもキャラクターごとに異なる。盤面は多層構造で、中央のクリスタルにたどり着くとひとつ上の盤面へ移行できる。また、クリスタリウムにもレベルがあり、基本的に物語の進行で上がる。それにより盤面の増加、ひいては取得できるクリスタルの最大数も増えていく。クリスタリウムレベルは最大でレベル10まで上げられるが、ゲームをクリアしていない場合は最大でレベル9まで上げることができる。

詳細は以下の通り。

  1. まずは成長させたいロールを選択する。
  2. 盤面が現れる。盤面上には、パワーラインで繋がれたクリスタルが配置されており、CPを消費することでそのライン上を進んでいく。
  3. クリスタルに到達すると、アビリティを身につけたり、ステータスにボーナスを得られたりする。クリスタルは5種類あり、HP・物理攻撃・魔法攻撃のパラメーターの上昇、アビリティ取得、アクセサリ装備可能枠増加、ATBスロット増加、ロールレベルの上昇がある。

引用元:ファイナルファンタジーXIII – Wikipedia

Avatar image
偶然の産物
個人個人に成長スピードと内容が違うんですね。

▼召喚獣も位置付けが少し変わり、それぞれのキャラに一つずつ召喚獣が。

召喚獣システム

召喚獣はルシ一人につき1体のみで、特定のイベントで戦って“認められる”(倒すことではない)ことで取得できる。召喚者が成長すると召喚獣も自動的に成長する。フィニッシュ技のレベルは1回のバトル中に召喚獣と連携して戦うと上がる。召喚を使用する際にはTP(タクティカルポイント)が必要。TPは、戦闘終了時のリザルトランクに応じて獲得できるほか、特定のアイテムを使って補充することも可能。バトルメンバーの誰かが、ATBゲージ満タンまでストックして最後に使うコマンドを成功させる事で回復する。尚、ファングが特定武器でブレイクしても回復する。

召喚獣とのバトルでは、ドライビングゲージを最大まで貯めていき、最大時に□ボタンを押すことで召喚獣に“認められる”。ドライビングゲージの貯め方は、召喚獣によって異なっている。

召喚
召喚中は召喚者と召喚獣のみのパーティーで戦うことになる。召喚者のTPゲージがDRIVEゲージに変化し、チェーンを重ねることで増加していく。このゲージ量が多いほど、ドライビングモードに突入した際の総コストが増え、技をたくさん出せる。
召喚中に召喚者のHPが0になった場合は、召喚獣は帰還する。
SP(サモンポイント)
召喚獣のHPにあたる数値。敵の攻撃を受けたり、時間の経過で減少し、一定量まで減少するとドライビングモードのゲージも共に減少を始め、SPがゼロになると帰還してしまう。
SPがゼロになる前に、□ボタンを押すとドライビングモードに突入する。
ドライビングモード
ドライビングモードは召喚獣が馬や車に変形し、召喚者を乗せて戦う。
アナログスティックとボタンの組み合わせで攻撃する。技名の横の数値は発動に必要なコストで、技を出すと画面左下の総コストから数値が引かれていく。

引用元:ファイナルファンタジーXIII – Wikipedia

▼もちろん迫力の必殺技もちゃんとキャラクターごとに用意されています。主人公のライトニングの必殺技は「シーンドライブ」。

Avatar image
ワイフ
なんかもう早すぎてどれが必殺技なのかわからない…。
Avatar image
シゲ
確かに。スピード感は今までのファイナルファンタジー随一だろうね。
Avatar image
偶然の産物
長時間やってると目が疲れそうですね。

ムービーも目を見張るものが多く、そのクオリティはもはやゲームではない。これを見るだけでもファイナルファンタジー13を買う価値があると思えました。フルHDで見ると尚更です。

プレイステーション3になるとここまで違うのかと、これ見て感動しました。ファイナルファンタジー13は、RPG好きにはぜひやってもらいたいファイナルファンタジーの一つです。

▼ファイナルファンタジー13関連のアイテムはこちら。

FINAL FANTASY XIII

FINAL FANTASY XIII
無料
posted with アプリーチ

ファイナルファンタジー13−2

20110917112322756

 

2011年12月に発売されたファイナルファンタジー13の続編。前回の主人公であるライトニングの妹セラと、もう一人の主人公ノエルの物語。

▼マルチエンディングという設定も初めての試みであり、何度もプレイしたくなるシステム担っている。

本作の製作は前作をプレイしたユーザーから続編を望む声が多かった事に加え、スタッフにも「ライトニングという人間をもっと描きたかった」という思いがあった為決定した[4][5]。

キャラクターは前作で登場したキャラのその後も描かれ、新たなキャラも多数登場する[4][5]。

ストーリーは同じナンバリングタイトルとその続編であった『FFX』と『FFX-2』の時とは異なり、前作よりもダークかつミステリアスでシリアスな物となり[4][5]、「世界観やストーリーの路線を崩さないようにしつつもゲームプレイ部分の新しさを出す為」にシリーズ初となるマルチエンディングが採用され探索要素も前作より強化されている[6]。

引用元:ファイナルファンタジーXIII-2 – Wikipedia

Avatar image
ワイフ
エンディングが一つじゃないの?
Avatar image
シゲ
そうなんだよ。ストーリーの進め方によって、エンディングが変わって来るんだよ。
Avatar image
偶然の産物
何度もやっていろんなエンディングみたいですね!

本作の物語は前作の舞台となった世界とは異なる世界を舞台に[4][5]Xbox 360版の初回特典として付属された書き下ろし小説『Episode i』をプロローグとし、「再生への祈り[6]。」をキーワードに前作で描かれたパルスとリンゼのストーリーに新しくエトロを絡めた、「人が神に背いて得た物は? そして人はそれをどう受け止めた?」をテーマとした「前作の戦いは本当に正しかったのか、最後に起こった奇跡とは何なのか」という部分が描かれ[4][5]でストーリーそのものの長さは前作と同等か若干短めだがやり込み要素が非常に多くなっている[7]

引用元:ファイナルファンタジーXIII-2 – Wikipedia

▼ファイナルファンタジー13−2トレイラーはこちら。新キャラも登場しています。

仲間のキャラクターは前作のキャラクターは登場するも、つかえるのはセラとノエルの二人だけ。その代わりに今作はモンスターを仲間にすることができ、仲間にしたモンスターをバトルに参加させることができる。

召喚レイド[編集]

物語をある程度進めると使用可能になるモンスターを倒してクリスタルを手に入れるとそのモンスターを仲間にする事が出来る新システム[24]

仲間にしたモンスターはパラダイムに組み込む事で最大三体までパーティーメンバーとして使用でき、パラダイムを変更するとモンスターも変わる。モンスターのロールは固定されており、シンクロゲージと呼ばれるケージが最大まで貯まるとモンスターごとに効果が異なる必殺技を出すことができる[21]

モンスターの成長パターンは様々であり、大器晩成型もあれば直ぐに成長が終わる物もあるが基本的には育て方次第でどんなモンスターも活躍出来るように調整されている[25]。仲間に出来るモンスターの数に制限は無く同じモンスターを数回仲間にすることも可能[24]

クリスタリウムで育てたモンスターのアビリティを継承させたり、モンスターに名前やデコレーションアイテムと呼ばれるアイテムを付けて自分好みにカスタマイズする事が出来る。

アビリティを継承させる場合はロールが同じモンスター同士であれば、アビリティも引き継ぐ事が可能である。ロールが異なる場合はアビリティが引き継げないが、特殊なアビリティを取得する事がある[27]。どちらの場合でも継承元となるモンスタークリスタルは失われる。

引用元:ファイナルファンタジーXIII-2 – Wikipedia

Avatar image
ワイフ
仲間にした敵キャラクターも戦わせることができるんだー。おもしろそう!
Avatar image
シゲ
RPGはカッコイイ敵キャラ出てくるからなー。
Avatar image
偶然の産物
何気にギルガメッシュもでてくるんですね!

▼ダウンロードコンテンツなるものもファイナルファンタジー13−2になるとでてきます。

ダウンロードコンテンツ

前作には無かったダウンロードコンテンツが実装され、コスチュームやアイテム、仲間になるモンスター等が配信される[37]。特定の品物にプロダクトコードが付属している。基本は有料だが無料配信の物もある。

発売前のインタビューでプロデューサーの北瀬とディレクターの鳥山は、「発売後もまだまだ『FF XIII-2』は続きますので、今後に期待してください」「DLCは発売後も作り続けていく」とコメントして、未発表のDLCの存在を明らかにしており[10]、発売後のインタビューでは「本編を補完するダウンロードコンテンツの配信も考えている」としている[26]

2012年5月15日の配信で今作のDLC展開は終了した。

引用元:ファイナルファンタジーXIII-2 – Wikipedia

ゲームがネットワークに繋がることで拡張性のあるゲーム展開が可能になり、コスチュームやシナリオが課金制のものに変わった。やはりファンとしてはどんな内容なのか気になるもんで、有料でもいいという人は結構多いみたい。

ファイナルファンタジー13−2は、ファイナルファンタジー13のメインのシナリオとはまた違った視点で楽しめる。前作で使用できなかったセラが主人公ということで、ファイナルファンタジー13のファンはぜひ13−2もオススメです。

▼ファイナルファンタジー13−2関連の商品はこちらから。

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジー13

LIGHTNING_RETURNS_FINAL_FANTASY_XIII_Game_HD_Wallpaper_medium

2013年11月に発売されたファイナルファンタジー13の続編。13の主人公であるライトニングがいずれ来る世界の終末に立ち向かい、人々を救う物語。

ファイナルファンタジーXIII』 (FF13) と『ファイナルファンタジーXIII-2』 (FF13-2) の続編にあたり、『FF13』より続く「ライトニングサーガ」の最終章となる。全3作を通してコンセプトの温故知新が行われ、特にバトルシステムと音楽は高く評価された。

本作のタイトルが『ファイナルファンタジーXIII-3』ではないのは、「“新しいゲーム体験”ができるということを、わかりやすく表明するため」「ライトニングの物語が完結することを強調するため」としている[1]

本作の舞台となる世界「ノウス=パルトゥス」は前作『FF13-2』ラストの混沌(カオス)の侵食が起きてから数百年後の「グラン=パルス」であり、混沌の影響で人々は年を取らず老衰死も起こさなくなっている。

また、世界そのものの終末が間近(最大に引き伸ばして13日後)に迫っている[1]。ライトニングの目的は人々を救うことであるが、世界の終末は回避できず、人々の悩みや不安を取り除いてを安らかにさせ、新しく造られる次の世界「地球」に生まれ変わらせることで「人々の心を救済する(魂を解放する)」のが本作におけるライトニングの役目となる[2]

この他、本作では敵を倒すことによるレベル上げや前作までのクリスタリウムのような要素はなく、クエストをクリアすることによって戦闘能力が向上する。また、今作もダウンロードコンテンツが用意されている[3]

引用元:ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII – Wikipedia

Avatar image
ワイフ
ファイナルファンタジー13ってこんなに続編があるんだ!すごーい。
Avatar image
シゲ
これが13の最終章みたい。かなりのボリュームがあるよね。
Avatar image
偶然の産物
それでいてどれも新しいシステムがあって面白い!

今作のライトニングリターンズファイナルファンタジー13は、主人公のライトニング1人だけで物語が進んでいく。仲間になるキャラクターがいないので、バトルシステムもちょっと物足りないかと思っていました。

やってみておもったのは仲間がいない分バトルに集中できるし、今作から登場したウェアシステムで一人でも多彩なバトル展開が可能になった。ファイナルファンタジー10−2のドレスフィアのようなシステム。

難易度も選択可能になり、もはや定番になった強くてニューゲームも搭載されている。

ウェアとデコレーション[編集]

本作では前作までのパラダイムシフトやオプティマに代わるもので、「ウェア」(衣装)が採用されている。本作のバトルはライトニングのみを操作することから、様々なタイプのウェア(3種類セット可能)を素早く切り替えることで敵の攻撃や弱点などに対処することとなる。なお、ウェアは全部で80種類以上存在し、切り替えることでバトル時におけるグラフィックなども実際に変化する。また、戦闘能力とは無関係だがウェアは好みのカラーに変更可能で、さらに「デコレーション」により装飾することもできる。

難易度の選択[編集]

本作の開始時には「イージーモード」と「ノーマルモード」を選択可能である(途中で変更不可)。モードの選択によって、バトルから逃走(エスケープ)した際の時間経過ペナルティの有無や通常移動時(フィールド)における体力回復の有無、敵の強さ、GPの消費量などに違いがある[3]

周回プレイ[編集]

世界の余命が尽きてしまった場合や本作をクリアした場合に、ライトニングの戦闘能力やウェア・武器・防具などの装具品(一部除く)、アイテム(だいじなものを除く)、バトルスコアなどを引き継いで周回プレイ(強くてニューゲーム)をすることが可能である(クエストの達成状況、魔物の生息状況などは引き継がれない)。また、クリア後には「ハードモード」の解禁や武器・防具の改造などが可能となる[12]

引用元:ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII – Wikipedia

また今回は世界の余命という時間の概念があり、その時間帯でしかできないクエストやイベントがいくつも用意されている。朝と夜で街の様子や出てくる敵キャラが違ったりと、やり込み要素が新しく盛り込まれている。

Avatar image
ワイフ
時間が関係してるのは新鮮だねー!
Avatar image
シゲ
一度で全てのイベントはクリアできないから、強くてニューゲームをしてコンプリートしていくんだね。
Avatar image
偶然の産物
あ、ほんとだ。動画では右上に時間と世界の余命が出てますね!

世界の余命と時間帯による変化[編集]

本作では世界の終末が迫っており、プレイヤーは限られた時間の中で目的を果たしていくこととなる。なお、世界の余命(終末までの時間)は人々の魂を解放することで生じる輝力により、箱舟に帰還した際に増やすことが可能である(世界の寿命は結果として、最大13日まで引き伸ばすことが可能)。

一方、世界の時も常に変化しており、時間帯によって行動範囲やクエストの発生、出現モンスターなどが異なる。

引用元:ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII – Wikipedia

▼戦闘シーンも迫力満点。今までのファイナルファンタジーで一番のアクション、スピード感だと思う。もはや格闘ゲーム並みのバトルシーンです。

バトルシステムだけで言うとRPGファンだけではなく、格ゲーファンも楽しめるんではないでしょうか。

ストーリー性やクエストなどのやり込み要素もあり、13をやったことある人は完結まで是非ともやってほしい作品です。

様々なクエスト[編集]

本作では各大陸における「メインクエスト」の他に、「サイドクエスト」や「祈りのキャンバス」の依頼(クエスト)を解いていくこととなる。クエストをクリアすることにより人々の魂を解放(救済)することが可能で、これにより戦闘能力の向上(※本作ではバトルで敵を倒すことによる戦闘能力の変化は存在しない)や後述の「世界の余命」とも深く関わってくる。

なお、サイドクエストの中には時間制限があるものや時間帯によって受けられないもの、あるクエストをクリアすると受けられないものなどもある。

引用元:ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII – Wikipedia

▼ライトニングリターンズファイナルファンタジー13関連の商品をどうぞ。

FF13LR攻略

FF13LR攻略
開発元:new app
無料
posted with アプリーチ

ファイナルファンタジー14 新生エオルゼア

1278194531524

 

2013年の8月に正式にサービス開始した、14作目のファイナルファンタジー。11に続くオンラインゲームで、windowsがオリジナル。

WindowsPC)版は2010年9月30日に発売されたが、サービス開始初期の状態に不備・不全が多かったため、2010年12月に運営体制を一新する。2012年12月31日、再始動に向けサービスが一旦終了した。

体制一新後は旧版の『FFXIV』の改修と並行して、後継となる新たなグラフィックスエンジンとサーバーを使った『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』(新生FFXIV)を2012年末サービス再開予定で開発が行われていたが大幅に遅れることとなった。

その後は2012年末のαテスト2013年春からのβテストフェーズ1及び2を経て、2013年5月24日、新生FFXIVの発売日およびサービス開始日を公式に発表し、予約を開始。同年8月27日に正式に発売された。

引用元:ファイナルファンタジーXIV – Wikipedia

Avatar image
ワイフ
またオンラインだー。どうせやってないんでしょ?
Avatar image
シゲ
その通り。結局オンラインゲームは未体験だなー。
Avatar image
偶然の産物
プレステ3でもできるみたいですよ?

今回からプレイステーション3でもネットワークがつながるので、やってる方は多いと思うんですが、プレイするだけでお金がかかるというのがネック。

新生における契約プラン[編集]

『FFXIV』を購入すると30日間の無料プレイ期間が設けられているが、以降もプレイを継続する場合は以下のプランを契約する必要がある[20](レガシープランについては旧版の有料利用者のみ、詳細は後述のレガシーキャンペーンを参照)。なお、プランの契約料金等の詳細については「公式サイト(商品情報)」を参照のこと。

サービス名 契約周期 利用料金 1ワールドあたり作成可能なキャラクター数
レガシー 30日 980円(税込1,058円) 8
エントリー 30日 1,280円(税込1,382円) 1
スタンダード 30日 1,480円(税込1,598円) 8
レガシー 90日 2,640円(税込2,851円) 8
スタンダード 90日 4,140円(税込4,471円) 8

※価格について公式に情報源があり、価格非表示の場合にレガシーとスタンダードの区別がつかないため追記。

レガシーキャンペーン

エントリー及びスタンダードプランより恒久的に割引料金で利用でき、その他の特典も付属するキャンペーン。『新生FFXIV』のβテスト開始までの間に、旧版のサービス利用料金を90日以上支払った人が対象[21][22]

引用元:ファイナルファンタジーXIV – Wikipedia

僕は貧乏人なのでさすがにプレイしていません。ちゃんとご紹介ができず申し訳ない。せめて動画で紹介を。

14日間のフリートライアルが楽しめるようになっているので、windowsの環境の方は試してみては?(僕はMacなのでやっぱりダメだった…)

スクリーンショット 2015-08-15 11.17.19スクリーンショット 2015-08-15 11.17.30

スクリーンショット 2015-08-15 12.46.55

報酬を求め、あるいは名誉を求め、危険な任務と冒険に身を投じる者たち。 今をさかのぼること十余年、さる傭兵隊長が仲間を募り互助組織を立ち上げたとき、 「冒険者ギルド」の看板を掲げたことで、その名は広まった。

エオルゼア諸都市に設置された「冒険者ギルド」の窓口には、 力こそが物を言う魔物討伐から、繊細な職人技が求められる手仕事まで、 今日も多種多様な依頼が、都市民から寄せられる。 「冒険者」として歩み始めたあなたは、エオルゼアの地で、何を成し遂げるのだろうか? その選択は、あなたの手に委ねられている。

引用元:FINAL FANTASY XIV | ストーリー

Avatar image
ワイフ
オンラインらしい設定だね。
Avatar image
シゲ
誰でも参加できるようなタイプのストーリーになってるみたいだね。
Avatar image
偶然の産物
おおおー!でも面白そう!さすが最新作!

あまり情報がなくてすいません。面白そうですが、なんせオンライン。僕にはハードルが高かった。

▼興味があればこちらからどうぞー。

ファイナルファンタジーXIV: ライブラ エオルゼア

ファイナルファンタジーXIV: ライブラ エオルゼア
無料
posted with アプリーチ

あとがき!

いかがでしたか?これでファイナルファンタジーの1〜14までのナンバリングタイトルを全てご紹介しました。一作目から比較すると世界観やシステム、キャラクターなど全てにおいてクオリティが毎度毎度大幅に変わっているのがわかります。

次回作であるファイナルファンタジー15もかなり期待が高まってきていますし、前にも出てきましたがファイナルファンタジー7のリメイクに関してもこれから徐々に公開されてくると思います。

ナンバリングタイトルだけでないスピンオフタイトルもファイナルファンタジーにはたくさん用意されていて、それだけでもまた楽しめるようになっています。

次回はそちらも含めてご紹介しようと思います。

関連記事:ファイナルファンタジーのアプリやポータブルシリーズまとめ。PSPとかDSとかスマホとか。

Avatar image
ワイフ
え!まだあるのー???もういいんじゃない?
Avatar image
シゲ
いや、やらないわけにはいかない。
Avatar image
偶然の産物
いや、仕事したらいいのに…。

ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link







コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする