ダイエットで失敗する人のための6つのヒント。2か月で体重-4.5kg、体脂肪率-5.7%のダイエットに成功しました。
  • ピックアップおすすめ記事

ダイエットで失敗する人のための6つのヒント。2か月で体重-4.5kg、体脂肪率-5.7%のダイエットに成功しました。

やあ、ダイエットフリーク諸君。

お腹周りや背中のお肉に悩んでるかい?
このままじゃだらしない体で夏を迎えてしまうよね。

薄着になってくる春夏に、そんな体で大丈夫かい?

2か月のダイエットを経てお腹周りのお肉をやっつけた、
僕なりの夏までに痩せるダイエットまとめをよかったらどうぞ。

失敗しないダイエットで夏を迎えよう!


ども、ダイエット大好きシゲ@piece_hairworksです。

▼僕はお正月に食べすぎ・飲みすぎをしてとんでもないお腹周りになってしまいました。もうこんなお腹じゃあタイトな服は着られません…。

IMG_7751

この時点で体重は75.9kg、体脂肪率は19.8%のぽっちゃり体型。体内年齢は31歳でした。ちなみに身長は178㎝です。まあお腹周りがひどい、見られたもんじゃないです。

IMG_1036

▼そこから2か月間いろいろなトレーニングを試してダイエットに励んでみた結果、最終的にここまでになりました。

IMG_1029 IMG_1027

2か月で見た目にもこれだけの変化があり、体重・体脂肪もマックスで71.4kg(-4.4kg)、14.1%(-5.7%)までに落ちました。体内年齢はなんと23歳に!

IMG_1035

見た目にも数字的にも効果が出てくれて、以後リバウンドすることなく生活できています。もちろん維持するためのトレーニングはしていますが、このくらいのダイエットなら誰にでも可能だと思います。

「でも痩せられる気がしない…。」

そんな人のために実際にダイエットをして僕自身が感じた、ダイエットを成功させるためのヒントをご紹介します。

やってみるとわかるんですけど、ダイエットは成功するためにテクニックなんて必要ありません。僕自身もともと専門的な知識はありませんでしたが、それはネットで調べたり本を読んだりすることで簡単に学ぶことができます。

ダイエットを成功させるために必要なものはそういうものではなく、ダイエットにどう向き合うかだと思います。

今までに諦めた人、今もダイエットに挑戦しているけど挫折しそうだなーって人は、ぜひ一度最後まで読んでみてください。きっと「夏までには痩せたい!」と思ってるあなたのヒントになると思います。

夏までには時間はたっぷりありますから。僕も夏までにもっとかっこいい体になりたい!

それではまいりましょー!





夏までに痩せたい人のために贈る6つのヒント

picjumbo.com_IMG_5909

僕が2か月のダイエットを経験して感じたヒントです。

個人差はあると思いますが、考え方やダイエットの方向性を見直すだけで結果が出る人はたくさんいると思います。

ヒント1:ダイエットの目的をしっかりと決める

ダイエット成功の目安になりやすいのが「体重」ですよね。女性の方は特にだと思うんですけど、1㎏減ったとか1㎏増えたとかで一喜一憂しているのをよく聞きます。

数値化することでわかりやすく体の変化を知ることができるので、指標としては大事なものの一つです。

でもよく考えてみてください。あなたがダイエットしようと思った目的は本当に体重を減らすことでしょうか?

例えば…

example

お腹周りのお肉がついて、履いていたパンツきつくなった。体重計に乗ってみたところ前まで60㎏だった体重が63㎏に増えていた。これはまずいと思い、元の体重に戻すべく-3㎏を目標にダイエットを始めることを決意した。

こんな症状の人は「やばい!ダイエットしなきゃ!」って思いますよね。僕もそうでしたし。そしてダイエットを始めて体重を減らすことにばかり気を取られます。

でも誤解のないようにしましょう、体重を3㎏減らす=お腹周りのお肉を減らすということではありません。あなたのダイエットの目的は、パンツがきつくなったのでウエストを痩せてそれを解消することです。

体重はあくまで指標の一つであって太っているという証明ではなく、それをもとに自分の体を分析し、どうダイエットしていくかを考える要素です。

胃の内容物や測る時間帯によって、体重は誤差が出てくるものなので、むしろ気にしなくていいです。あなたのダイエットの目的はウエストをスリムにすることなんですから。

それよりもメジャーを買ってきて毎日きちんと計測して「何㎝ウエストが細くなった!」とか「パンツを履いても苦しくない!」などの要素で検証してみる方がよっぽど重要です。

あなたのダイエットしようとした目的をもう一度ちゃんと思い出しましょう。本当に体重が原因でしょうか?もしかしたらダイエットの必要もないかもしれませんよ?

▼体重が同じでも見た目が違うことだってありますから。僕もそうでした、下のリンクを参考にしてみてください。

ヒント2:置き換えダイエットに頼らない

ダイエットをしようと決意したら次に浮かぶのがその「方法」ですよね。

  • 1日の食事をこれに変えたら-◯㎏!
  • 運動全くしないでもこれを食べ続けたら痩せる!
  • 晩御飯の炭水化物を抜くだけで◯㎏のダイエットに成功!

よく見かけるフレーズです。何かに置き換えたりするだけで痩せる簡単なダイエットの常套句。

努力や辛い思いをしないで痩せられるダイエット方法だったらいいですよね?そしてそれを誰もが探してます。

でもその「置き換えダイエット」、このまま一生続けるんですか?

一時的に体重や脂肪は落ちるでしょう。見た目にもすっきりとしていかにもダイエット成功にみえるかもしれません。ですがその「置き換え」をやめて普通の生活に戻った時に、果たしてそのプロポーションは維持できるでしょうか?

そして置き換えるものを一生涯購入していくだけの費用は、一体いくらかかるのでしょう?考えただけでも恐ろしい計算になりますね。

何かに置き換えることで一時的に痩せたいならそれでもいいと思います。

これから先もずっと生活を変えずに体型を維持するとしたら、何かに「置き換える」のは一時しのぎでしかないのです。果たしてそのダイエットは成功と言えるのでしょうか?

自分にとっての「成功」というのは一瞬の出来事ですか?僕はそうは思いません。僕は健康的に痩せて、病気もなく心身ともに健やかな体で暮らしたいです。そのための手段として「置き換える」というのはあまりにも安易な手段のように感じます。

何かに「置き換える」よりも「自分自身が変わること」のほうが重要です。あなたを痩せさせることができるのは、あなた自身以外いないんですから。

ヒント3:体のデータ収集を行う

ダイエットは簡単な算数です。小学生でもできる簡単な式で計算が可能です。

摂取したカロリーから消費したカロリーを引いたものが蓄積カロリーです。その蓄積したカロリーの分だけ人は太ります。逆に言えば消費したカロリーが摂取したカロリーを上回れば体は痩せていきます。

厳密に言うとここまで単純ではないんですが、ざっくりと考えるとそんな感じです。

Check!ダイエットの計算式

摂取カロリー(食べたもののカロリー)消費カロリー(運動などで使ったエネルギー)蓄積カロリー(体に残る=体重増加)

そのためにはきちんと毎日のデータを取る必要があります。

僕はiPhoneアプリで管理できるタニタの体組成計「インナースキャンデュアル RD-900-WH」を使っています。これによって毎日の変化をデータ化して視覚的に管理することができます。

それによってどんなメリットがあるかというと…一つ例をあげてみます。

example

昨日はジムに行ってトレーニングを2時間頑張った。その後友人と飲み会があり、近くの焼き鳥屋でたらふく飲んで食った。次の日体重計に乗ると70㎏だった体重がなんと72㎏に増えていた。

たらふく食べた食事が原因で体重が増えたのか?はたまたトレーニングの結果として筋力が増えて体重が増えたのか?まだ胃の内容物が残っていて体重が増えたのか?

うーん、これだけでは断定しにくいですよね。

体組成計によって細かいデータを収集することによって、その要因を突き止めることができます。

  • たくさん食べたから太った
  • 夜中に甘いものを食べたから太った
  • 脂っこいものを食べたから太った

本当にそうでしょうか?自分の感覚でダイエットをすると効果的なダイエットは難しいです。よくわからないけど痩せた、よくわからないけど太ったではまたダイエットを再現することができません。

大まかにでいいので何を食べて、何をして、どうなったか?これくらいはデータとして取っておくと、「なぜ太ったなぜ痩せた」のメカニズムに近づくことができます。

IMG_9664

原因がわかればそれを改善するだけでいいんです。

そのために必要なデータはスマートフォンにでもいいので記録して、体の管理に役立てましょう。

データは嘘をつきませんよ。

ヒント4:体の写真を撮る

ヒント3のデータ収集にもつながるんですけど、日々の体の変化を写真に撮って見比べられるようにしておきましょう。

ダイエットは「1日にして成らず」です。個人差はあると思いますが、短期間で大きな変化が出ることはそうそうありません。一週間頑張ってトレーニングしたのにちっとも変わらないなんてこともあります。

小さな変化にも気づけるように体の写真を撮っておくといいです。

自分自身への戒めにもなりますし、記録に残しておくことでどの部分の筋肉が成長しているか把握できます。

最初は恥ずかしくて人に見せられないもんですけど、成果が出てくるとその変化に周りが気付き始めます。「これだけ自分は頑張ってダイエットしたんだよ!」と言うビフォアー&アフターを知ってもらうためのツールにもなりますよ。

ヒント5:周りを巻きこんでみる

自分がダイエットをしているということを堂々と人に話してしまいましょう。公表することで周りを巻き込んで、自分でダイエットをしなきゃいけない状況を作ります。

▼僕自身もお店にデータを張り出したり、お客さんに「ダイエットしてます!」というのを公表しました。

IMG_8134

そうすることで「ダイエットどう?」とか「もっと頑張らないと!」とプレッシャーをかけてくれます。それがあるだけでモチベーションになるし、怠けてしまいそうになる心を奮い立たせてくれます。

トレーニングも家族の目の前でやるようにしています。一人でやっているとどうしても自分に甘くなりがちですが、家族に協力してもらったり、応援してもらうことで継続する気持ちが生まれてきますよ。

たった一人でやるよりも、共感してくれるダイエット仲間を作るのもいいかもしれませんね。

ヒント6:習慣を変える

世の中には「良い習慣」と「悪い習慣」があります。

「良い習慣」を身につけることでダイエットに適した身体に変化させることができます。ですが「良い習慣」を取り入れるのは簡単ではありません。

例えば…

  • 朝早く起きてジョギングをする
  • 筋力アップにプロテインを取り入れる
  • 電車通勤を自転車通勤に変える

全てをダイエットに結びつけて「良い習慣」をするのは結構大変だと思います。実際僕にはいきなりそこまでできませんでした。

そこでまず注目するところは「悪い習慣」を変えることです。

例えば…

  • 食事の順番を変える(野菜から食べて血糖値の急上昇を抑える)
  • 週に1日は休肝日を作る
  • エレベーターを使わずに階段を使って有酸素運動を

これくらいなら意識を変えることも難しくなく、それを習慣化することで次第に「良い習慣」をつけやすくなります。

人間は急な環境の変化に対応するのが難しいです。一時的にはできたとしても、それを維持することはよほどの精神力がない限り無理です。というかできるならもう痩せてます、ダイエット成功おめでとうです。

人生は長いです。急激に変化するのは精神的にも肉体的にも負担が大きいので、まずは「悪い習慣」を見直してみるようにしましょう。

シゲの「ひとこと」

お疲れ様でした。参考になるかどうかはわかりませんが、きっと自分のダイエットを見直すいいきっかけになると思います。

成功する人としない人の違いは「楽しんでやり続けられるかどうか」ではないかと思います。

トレーニングや食事制限は簡単ではありません。ですが人間は順応する能力を持っています。次第にその生活に慣れていくものです。

その過程をどう楽しめるかどうかが一番のポイントではないでしょうか?そして結果を焦らず継続することが何よりも大切です。

小さい成功を繰り返していくことで、その先に大きな成功があります。

僕も8週間続けてきましたが、いろいろな失敗がありました。その都度気づきがあり、その先にダイエット成功にたどり着くことができました。その経過はブログ記事でまとめていますので経過を見てやってください。

ダイエットカテゴリー記事はこちらからどうぞ

この夏には僕もTシャツ一枚でカッコイイ体になるぞ!

それでは〜

ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link







コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする