僕が日常を撮りたいと思う理由

僕が日常を撮りたいと思う理由

我が子が生まれてから、めっきり外に出ることが少なくなった。

写真を撮るのもいつも被写体はこどもになってしまうけど、今日はちょっと趣向を変えて。

なんでもないものを撮ってみよう。

そもそも写真は『記録するもの』だよね

カメラをやり始めた時ってどうしてもカッコイイ被写体を探したり、有名な撮影場所にいきがちだったけど。

もともと写真って記録に残すためのものだよね。

自分たちで見て『あーこんな時あったよね』とか思い返したりできるものだよね。

世界のだれがみてもよく分からない写真でも、自分にとっては思い出の一枚。ミスド食べたな〜とかね(笑)

毎日起こることを記録に残すこと

お昼ご飯を作ったりする瞬間や、台所にあるもの。

いつも見ているものだけど、改めて撮ってみると本当に愛おしい。

毎日見ているのにね。ファインダーを通すとまるで違う。

ぐちゃぐちゃにいれちゃった僕の弁当とかもね(笑)

そこにはきっと

どうして僕がこんな写真が好きなのかなって、たまに思う時がある。

やっぱりこんな日常が好き。

そこにはきっと『人の気配や息づかいがあるから』じゃないかな。

あ、お酒が飲めるからってのもあるか。

飲み過ぎは、太るよ?

後片付けも忘れずにね

食事が終わって洗い物をする瞬間だって、ぼくにとっては大事な瞬間。

何十枚撮ったかわからないけど、その中でいいなと思えるのはこれくらい。

家の中で撮るのはむずかしいけど、その分愛着のわく写真ができあがる。

そんな日常を撮り続けていきたいな。

この家族と一緒に。

やっぱりこういうのが撮りたいんだな。

OLYMPUS OM-D E-M10,FUJIAN 35mm F/1.7

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)