iPhone Xでブログ書くならコレなしではコピペできない身体になってしまった

iPhone Xでブログ書くならコレなしではコピペできない身体になってしまった

先日「コピペするならコピペ+だょ」みたいなエントリーを書きましたが、今すぐその時の僕をぶん殴りに行かせてくれドラえもん。さあ、タイムマシン出してくれ。アンドゥさせてくれアンドゥ。

ソレよりも使い勝手のいいやつ見つけたので紹介させてくれ。させてください。サッセッテックレ。

その名も「Copied」いいます。

Copied

Copied
開発元:Kevin Chang
無料
posted withアプリーチ

詳しいことはググって調べて下さい。この記事なんかわかりやすくていいんじゃないかと。

コピペが楽々!クリップボード管理ができるアプリ『Copied』の使い方 | アプリ場

Copiedの使い方

このアプリが僕の心をマグナムで撃ちぬいたポイントはコレ。

  1. 共有からアプリにダイレクトコピー
  2. 専用キーボードがある
  3. 画像とかリンクとかの表示わかりやすい
  4. ウィジェットからも楽々行ける
  5. ブラウザがついてる

ってとこ。3、4あたりは他のアプリと変わらない仕様ですが、1、2は結構嬉しい機能。5は使わないので別にって感じ。1、2の機能コレだけでも説明します。

Safariから共有よりダイレクトコピー

基本ブラウザはSafariを使ってますが、URLコピーするときに上の検索バーに行ってコピーして、がちょっとひと手間。

Safariの「共有」からCopiedのメニューが選べます。共有ボタンってのはアレです、下のバーにある四角から矢印がニョッと出てるやつです。

それぞれの意味は、

  • Copied Clipper・・・今見ているページのタイトルとリンクをCopiedにコピー
  • Copied Browser・・・今見ているページをCopiedで見る
  • Save To Copied・・・選択した部分をCopiedにコピー

って感じ。主にClipperやSave To Copiedを使います。

使い方としてはシンプル。キレッキレのダジャレをコピーしてやりましょう。タップしてコピーしたいところを選択。

その中の「共有」をタップします。今回はSave To Copiedを選択。

そしたらCopiedに移動。するとさっきのやつがコピーされてます。この繰り返しでいくつかコピーをためていけます。

行ったり来たりが面倒なので、起動しておいてフリックでガシガシコピーしましょう!

見ているページをそのままコピーしたい時なんかはClipperで。そのままURLだけを保存してくれます。

こっちはそのまま「Copy and Save」でCopiedに移動、履歴に残るのでたくさんのURLなどを記録したいときに便利!

嬉しいのが追加キーボードとしても使えるので、アプリに移動しなくても履歴からコピペすることも可能です。これ嬉しい!

まとめ︰テキスト入力のかゆいとこに手が届くアプリ

Avatar image
シゲ
英語ばっかりですが使う機能は限定的なのでさほど問題ないかと。無料版ではコピー件数は少ないものの必要十分です。

使うのに慣れこそ必要ですが、今ではなくてはならない必須アプリになりました。あなたなしじゃもう無理なの。

Copied

Copied
開発元:Kevin Chang
無料
posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)