古都鎌倉をカメラ散歩part1。 建長寺や鶴岡八幡宮をウロウロして写真撮ってみて、 やっとわかった気がする。いかにもって感じの写真より 普段人が気にならない路地裏とか、 日常感が僕は写真に撮りたいんだって。

古都鎌倉をカメラ散歩part1。 建長寺や鶴岡八幡宮をウロウロして写真撮ってみて、 やっとわかった気がする。いかにもって感じの写真より 普段人が気にならない路地裏とか、 日常感が僕は写真に撮りたいんだって。

やあ、カメラフリーク諸君。

今回のカメラ散歩は古都鎌倉。
神奈川県の観光地としてかなり有名なんじゃないかな?

県外の人でも名前は知ってると思うけど。

よくよく考えたらあんまりウロウロした記憶がない。
いったいどんな写真が撮れたのでしょうか?


 

ども、カメラ大好きシゲ@piece_hairworksです。

前回は早朝の時間に写真を撮ってきました。普段の何気ない場所でも、時間帯によって表情が違って見えるのが面白かったです。写真を撮るネタがないなーって人は、頑張って早起きしてみたりすると新発見がありますよ。

カメラ散歩するなら早朝の街は人がいなくて、雰囲気のある写真撮影にはもってこい。普段よりも早起きすると日常では撮れないものが撮れるよ。写真の色合いとかもいつもと違う。

Avatar image
ワイフ
でも朝帰りはダメだよ。早起きしなさい。
Avatar image
シゲ
はい。申し訳ございません。
Avatar image
偶然の産物
普段写真を撮らない時間帯に行くといいかもですね。

今回のカメラ散歩は古都鎌倉です。近くて簡単に行けるって理由であんまりウロウロしたことないですが、カメラを持って行くと面白い被写体がありそうなので半日程度ですが一人で行ってきました。

面白い写真もいくつか撮れたので良かったです。自分の撮りたい被写体もわかってきましたし、有名なお寺も回れて国際交流もあったので楽しかったです。

それではまいりましょー。

※小さな写真はクリックすると大きくなりますよ。

まずは北鎌倉の駅からスタート

鎌倉駅から散策を始めようかと思っていたんですが、時間もあるのでその手前の駅である「北鎌倉」の駅から歩きながらいろいろ見てみようと思いつきました。切符は鎌倉駅まで買ってましたが予定変更、閉まりそうになった横須賀線のドアから飛び降りました。

お昼時の北鎌倉の駅は思ったよりも空いています。鎌倉駅ではこうはいかないんじゃないかな。

気がついたら降りたの初めてだったような気がします。北鎌倉の駅は改札に向かうのに線路の上を通るようで、ついついテンション上がって撮っちゃいました。

いきなり普段撮れない写真が撮れたのでテンションもあがり、ここから鎌倉駅周辺の方に歩く元気が出ました。とは言っても歩くのも初めてなので、どう行っていいかもわかりません。

駅の外に出ると意外と人の流れができていたので、そっちについていくことにしました。線路沿いの道を歩いていると、首からカメラをかけた人たちとたくさんすれ違いました。やはりみんな観光と撮影を兼ねて鎌倉へ来ているんですね。

線路沿いの道を歩いていると色々な被写体が

鎌倉に来ても歩いているだけだとあんまり鎌倉っぽい感じがしません。狭い歩道を歩きながら面白そうな被写体を探してみるものの、どうも僕はいかにもな写真があまり好きではないことに気づきます。

▼踏切を待ってる親子を撮ってみたり。

▼電線を直してる人を撮ってみたり。

▼ススキかな?を撮ってみたり。鎌倉らしい感じないですよね。

まだお寺や神社に来たわけでもないので、鎌倉っぽい写真って意外と撮れないんですけどね。かろうじて古都っぽいのがこんな写真とかくらいです。

▼なんか和って感じ。

▼東海道線の列車をバックに謎の植物を。

撮ってて思うのはやっぱり綺麗な写真よりも、こういうフィルムっぽいの好きだなーと。そもそも綺麗な写真撮れないんですけどね。

▼季節も秋で、くすみ方も大好き。

▼あと、やっぱり路地好きだなー。その先に行ってみたくなる。行き止まりらしいので行きませんでしたけど。

Avatar image
ワイフ
全然鎌倉感がしないけど、線路沿いは雰囲気でるね。
Avatar image
シゲ
ノスタルジックっていうのか、懐かしい雰囲気だよね。
Avatar image
偶然の産物
これはこれでありじゃないですか?

今はカメラが進化しててiPhoneでも綺麗な写真が撮れます。いろんな人の写真を見ると綺麗な写真がたくさん載ってます、でもだからこそフィルムカメラのようなちょっと荒い質感の写真が新鮮に感じるのかもしれません。

散歩がてら写真を撮りながらいろいろ考えました。実際に撮れた写真を見て、ああこういうのいいなーって思う写真に共通点が出てきます。

一人で歩いて写真を撮る。自分と向き合ういい時間です。

▼北鎌倉から鎌倉への道は気の遠くなる程の片側渋滞。

▼こんな階段もついつい惹かれて撮ってしまいます。

なんでもない散歩道にも、撮りたくなるものがたくさんありました。

少し歩くと建長寺に到着

写真を撮りながら歩いてたのでどのくらいかかったかわかりませんが、程よく歩いたなーってくらいで建長寺が目の前に出てきました。有名なお寺なので名前は知ってますが、実際に入ったことがありません。

いい機会なので、拝観してみようと思います。

▼MAP

建長寺(けんちょうじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山。山号を巨福山(こふくさん)と称し、寺号は詳しくは建長興国禅寺(けんちょうこうこくぜんじ)。

鎌倉時代建長5年(1253年)の創建で、本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は鎌倉幕府第5代執権北条時頼、開山(初代住職)は南宋禅僧蘭渓道隆で、第二世は同じく南宋の兀庵普寧である。鎌倉五山の第一位。境内は「建長寺境内」として国の史跡に指定。

引用元:建長寺 – Wikipedia

拝観料は300円でした。こういう寺社仏閣は久しぶりで、平日の昼間というのもあって空いていたように思います。

▼中に入るとその広さに驚きました。僕の大好きながラーンとした感じ。たまらないです。

▼並木道も季節的に葉が落ちて、綺麗に色あせていました。

外国の方が多く、写真を撮っていると「ピクチャーなんとか?」って話しかけてくれました。きっと「お寺と一緒に写真撮りましょうか?」って言ってくれたんだと思うんですが、僕は「じゃああなたを写真に撮らせて」と日本語で。

▼首を傾げてましたが、なんとなく伝わったのかモデルになってくれました。英語できなくても伝わるもんです。

クルクルパーマヘアの髭もじゃナイスガイでした。素敵な出会いがあるのもカメラ散歩ならでは。

その後も金髪のショートヘアの女性に話しかけられて、同じようなやり取りを。僕は終始日本語でしたが快くモデルになってくれました。

▼やっぱり外国の人は絵になるなあ。

ただ景色を撮るのはやっぱりつまんないもんで、その中に何か被写体がいると景色も額縁になって一層引き立つ気がします。

お寺の中は普段見られない写真を撮らせてくれる、非日常な場所だなあと改めて感じました。

ちゃんと参拝して小一時間ほどで建長寺を後にし、目的の鎌倉方面へ向かいます。楽しい小一時間でした。

今度は鎌倉の鶴岡八幡宮方面へ

建長寺を出てからはまたテクテクと歩きます。人がやっとすれ違える程度の細い歩道を、たくさんの人が行き交います。それ以上に混んでいるのは道路の車。

▼時に自転車の人がいたりとか。山道大変そう。

▼誘導のおじさんがかっこよく見えました。

建長寺を出て15〜20分くらい歩きました。着いたのは鶴岡八幡宮。鎌倉周辺で知らない人はまずいないであろう有名な場所で、全国からたくさんの人がお参りに来る神社です。
▼MAP

鶴岡八幡宮(つるがおか はちまんぐう)は、神奈川県鎌倉市にある神社旧社格国幣中社で、現在は神社本庁別表神社

別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれる。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では知名度が高く、近年では三大八幡宮の一社に入ることがある[注釈 1]。境内は国の史跡に指定されている。

引用元:鶴岡八幡宮 – Wikipedia

ちょうど七五三の季節だったりもあって「混んでるだろうなー」と思ってたんですが、想像しているよりも空いていたので良かったです。時間帯も良かったのでしょう。

建長寺も素敵でしたが、鶴岡八幡宮はどうでしょうか?

シゲのあとがき。

と思ったらかなり長くなりそうなので今回はこの辺りで。鶴岡八幡宮から鎌倉の街は次回に続きます。

Avatar image
ワイフ
もったいぶらせて!でも長いのも見るの大変だからね。
Avatar image
シゲ
続きが見たいと言ってくれる人がいてくれると嬉しいけどね。
Avatar image
偶然の産物
いなくてもどうせ書くんですよね。

今回のカメラ散歩で撮影したのは約500枚。そのうち使えそうなのは100枚ほどだったので、だいたい2割くらいが好きな写真なんですな。

今回の記事は3、40枚くらいですかね?鶴岡八幡宮に着いてからの方が好きな写真が多かったです。

追記

続きはこちらから。やっと鎌倉らしいのが撮れた気がします。

古都鎌倉をカメラさんぽpart2。 鶴岡八幡宮から鎌倉駅周辺をウロウロした。 観光地とはいえ路地裏はやはり鎌倉も普通の街だし、 人々の生活感がある。 また知らない鎌倉の一面を知った気がした。 最後の一枚がやっと鎌倉らしい写真になったかな。

次回もお楽しみに〜。

ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link

コメント & トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. By カメラ好き

    はじめまして!
    わたしもフイルムのような優しい質感の写真が撮りたくて、つい先日x-t10を買ってしまいました。
    このブログに記載されている写真はlightroomで編集されたのでしょうか?
    編集後の写真にも統一感があってとっても素敵です(*´ェ`*)

    • By シゲ

      カメラ好きさん、初めまして!コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
      FUJIFILM X-T10買われたんですね!おめでとうございます!
      ですが残念なことにこの記事の写真はFUJIFILM X-T10ではなくOLYMPUS OM-D E-M10なんです…
      レンズも安物のトイレンズですしw個人的に柔らかい写りをしてくれるのでとても気に入ってました。
      今ではFUJIFILM X-T10で撮っています。
      恥ずかしながらlightroomは使ったことないです。いつも撮った写真はVSCOに送ってプリセットと露出で補正するくらいです。
      その当時の撮り方を記事にしているので、よかったらどうぞ!参考になれば嬉しいです( ^ω^ )
      FUJIFILM X-T10は本当にいいカメラだと思うので、買って正解です!(僕基準ですがw)

      ▶︎http://www.piece-hairworks.link/shasinn-torikata

      • By カメラ好き

        素晴らしいー!VSCOの編集でもこのクオリティになるのですね!
        色あせた雰囲気も好みです。
        ぜひ参考にさせてください!
        撮った写真って披露したくなりますよね…私はブログをやっていないのでFacebookに垂れ流していますw

        • By シゲ

          lightroom僕も使ってみたいんですけど、なんせ貧乏症…お金かけずに楽しめるように工夫してますw
          vscoのプリセット(アプリ内課金)くらいであれば出せるので、そっちで自分のイメージに近い加工をして楽しんでいます( ^ω^ )
          カメラとブログは相性抜群なので、カメラ好きなら是非ともオススメですよ!
          こうやっていろんな人とつながるきっかけにもなりますし、何よりも自分の作品が大きな画面で見れるのは嬉しいです。
          最近は子供の写真ばかりなので、外に撮りに行く時間ができたらまたカメラ散歩したいです( ´ ▽ ` )ノ
          カメラ好きさんの写真も是非拝見したいです!同じカメラでの写真の違いはまた新鮮ですしね〜
          お役に立てて嬉しいです!ありがとうございます(^з^)

  1. […] 古都鎌倉をカメラ散歩part1。 建長寺や鶴岡八幡宮をウロウロして写真撮ってみて、 やっとわかった気がする。いかにもって感じの写真より 普段人が気にならない路地裏とか、 日常感が […]

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)