• ピックアップおすすめ記事

BUFFALOのWi-Fiルーターがよく切れるのでApple純正のApple AirMac Express ベースステーションに買い換えた

BUFFALOのWi-Fiルーターがよく切れるのでApple純正のApple AirMac Express ベースステーションに買い換えた

ども、シゲ@piece_hairworksです。

引っ越してからインターネット環境を整えるために新しくWi-Fiルーターを導入したんですけど、これがまたなんか厄介でファームウェアのアップデートのたびに接続がよく切れる状態が続いてました。

BUFFALOのWi-Fiルーターはよくある症状のようでかなり困ってました。

このご時世インターネットが繋がらないとかありえません。インターネットがない暮らしなんて「体は子供、頭脳も子供の名探偵コナン」みたいなもんです。

今まで使ってたルーターはアップル純正のAirMacだったので、もういっそのこと純正のそっちに変えればいいんじゃないかということで買い換えることに。

最新のものでもいいんですけど結局この一世代前のものをチョイス!Amazonで1万円切ってるくらいで売ってたので、まあまあ安くすみました。

Avatar image
ワイフ
どーせ買うなら新しいのにしたらいいのに。また接続悪くなっても知らないからね。
Avatar image
シゲ
いいのいいの。最新のものじゃなくても使えるんだから。
Avatar image
偶然の産物
でもやっぱり新しい方がいいんじゃないですか??

もちろん新しいものの方がいいんでしょうけど、僕の使ってるMacBook Proはかなり古い型なのでハイスペックなWi-Fiルーターがあったとしても宝の持ち腐れかと。

所詮ネットサーフィンかブログ記事書くか、写真の現像くらいしか使わないのでオッケーでしょ。

ということで(どういうことだ)、新しいWi-Fiルーターを接続しちゃいますね。

それではまいりましょー!


Apple AirMac Express ベースステーション

古い。デザインが一昔前の感じで古さがよくわかる。Apple製品っていつもデザインがオシャレな印象があるけど、1世代前2世代前のデザインを見るとやっぱり現行のアイテムの方がデザイン性が高いと感じさせてくれますね。

▼中にも箱が…!?ま、マトリョーシカ?と思ったら本体でした。

同梱物はケーブルと本体、あとは簡単な設定ガイドが。まあまず読むことはないんですけどね。

本体はめちゃくちゃコンパクトで、BUFFALOのルーターも初めて見たときは「小さいなー」って感じたんですけどそれをさらに小さくしたようなサイズ感。下手すりゃスラムダンクの単行本よりも小さいくらいです。

基本的にはLANケーブルを突っ込んで電源入れれば半分はもう終わったようなものです。「あと半分もあるのかよ」とか思った人は正常な感覚の持ち主です。僕も思いましたから。

アップデートがある場合やWi-Fiの電波が飛んでいない場合はライトがオレンジに点灯します。まだインターネット設定をしていない状態もこの状態になりますです。

AirMac ユーティリティでWi-Fiの設定をしよう

接続できたらAirMac ユーティリティからWi-Fiの設定をしましょう。これも純正ならではの簡単な設定でオッケーなのが嬉しいところ。

▼Wi-Fiの設定がされていないとこの状態ですね。これじゃあ大好きなブログも書けないし、Amazonのほしいものリストを眺めてテンションを上げることもかないません。

Apple AirMac Express ベースステーションの設定する前

▼右上のところからWi-Fiの設定に入りましょう。

Apple AirMac Express ベースステーションのWi-Fiの電波を探す

▼すぐにこのApple AirMac Express ベースステーションを認識するあたりさすが純正。もう浮気なんてしないわ。多分。

Apple AirMac Express ベースステーション設定完了

▼名前もしげのWi-Fiネットワーク、しげのAirMac Express ってちゃんとわかってくれてるじゃない。新しいネットワークを作るときはパスワードも推測されないようにしましょう。マザー2の「好きな食べ物」みたいに”ああああ”とかにしたらダメですよ。

Apple AirMac Express ベースステーションの設定を作る

▼次にISP(インターネットサービスプロバイダ込め)から提供されてるインターネットのユーザーIDパスワードを入力、サービス名にはプロバイダ名でも入れたらいいと思います。

Apple AirMac Express ベースステーションにサービスプロバイダの情報を入れる

▼あとはもうAirMac expressの方が上手いことやってくれます。

Apple AirMac Express ベースステーションがWi-Fiを探してる

▼はい、完了。これが純正のいいところですね。

Apple AirMac Express ベースステーションの設定が完了

接続してすぐは最新バージョンにアップデートしておきましょう

本体自体が古いので新しいOSに対応するためにアップデートが必要です。っていうかランプがオレンジ色だとアップデートがあるみたいなんで、こちらもAirMac Expressのユーティリティからアップデートしておきましょう。

Apple AirMac Express ベースステーションにアップデートがある

▼あとは直感的にやってればいい感じにアップデートできますので頑張りましょう。

Apple AirMac Express ベースステーションの詳細

▼無事にアップデートが終わったらランプが緑色に変わるので、これで全てのセットアップが終わりです。

Apple AirMac Express ベースステーションのアップデート

▼ここまできたら接続も安定してくるし、速度も申し分ない程度まで上がりました。





シゲの「ひとこと」

Avatar image
シゲ
もしかすると前のBUFFALOのWi-Fiルーターは新しいMacにはいいのかもしれませんが、僕の古いMacだと規格が対応してなかったのかもしれません。そのへんよく分からないですけど、このWHR-1166DHP3使わないんでいる人いるなら譲りますよ。

めんどくさいことが苦手なくせに知ったかぶってやったのが間違いでしたね。無駄なお金を使うことになってしまったので、今度から全部純正の製品を買うことに決めました。

Avatar image
ワイフ
ちゃんと最初から純正にしとけば良かったんだよ。バーカ。
Avatar image
シゲ
今度からそれを肝に命じて生きていきます。バーカ。
Avatar image
偶然の産物
やっぱり純正の方がデザインもオシャレですしね!バーカ。

皆さんも分からないときは純正に限りますよー!

それでは〜

ははは、じゃあねー!( ^ω^ )

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

Sponsored Link

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)

Facebookからコメントする