ブログの画像編集・注釈アプリは「Annotable」があれば良いのだ

ブログの画像編集・注釈アプリは「Annotable」があれば良いのだ

もはやタイトルから言い切りましたね。カッコイイ。

もっぱらiPhone Xでのブログ執筆環境を最適化しております。いくつものアプリを使いまわし、使いまわしすぎて「もう…結局…何のアプリ使ったら良いのよォ…」みたいになってます。

できるだけ一個のアプリで解決したいので「カネに糸目はつけん!」と必死で探したらついに出会いました。

Annotable」ってヤツです。

Annotable — 究極の画像注釈アプリ

Annotable — 究極の画像注釈アプリ
開発元:Ling Wang
無料
posted withアプリーチ

簡単に説明すると全部入りの究極の注釈アプリ。ラーメンで言うところの全部のせ、風俗で言うところのフルコース。つまりオールオッケー。

詳しいことはこの記事を読むと良いでしょう(丸投げ)。

「Annotable」iPhone用の画像注釈アプリの決定版 | MasaLog

Annotableはスゴイぞ

僕の欲しい機能が全て揃っている。前に紹介した記事でも書きましたがやりたいのは、

  • テーマフォントの登録・文字入れ
  • スポットライトや矢印などの注釈
  • ぼかしやモザイク

このあたりがこのAnnotableではオールインワンでできる。写真の現像や編集は他のアプリがメインになっているので、他の作業はまとめて1つのアプリで完結したい。

使い勝手はskitchあたりとよく似ているので戸惑うこともないので安心。

とりあえず使ってみた感じを紹介しよう。ふぉーいぐざんぽーはこのテキスト。

まずはスポットライト効果。四角も丸も可。

もう少し例を出すためにふぉーいぐざんぽーを増やしてみよう。

モザイク。プライバシーも指先ひとつで守れます。

文字を認識するのでhighlightもあと乗せサクサクだょ。

これも嬉しい拡大鏡。高齢化を意識してお年寄りだって困らない注釈を。おい君、もう老眼鏡にお別れの手紙は書いたのか?

テキストももちろんぶち込める。丸いスポットライトとトマトへのツッコミがわかりやすい。傾けることだってなんのその。え、まさか…まるでェ…これって…注釈?

ツールもかなり豊富だが有料の機能もあるので注意が必要だ。値段も1200円と安くない。これならクロノトリガー買ったほうがマシだというユーザーも多いだろう。

クロノ・トリガー (アップグレード版)

クロノ・トリガー (アップグレード版)
開発元:SQUARE ENIX INC
¥1,200
posted withアプリーチ

だが!敢えて言おう!

iPhone Xでブログを書いていて、画像編集にいくつものアプリを使わず1つのアプリで完結できる。これがどれほどの恩恵か想像するのは容易い。そうだろうブロガー諸君よ。

アプリ自体は無料だが課金することですべての機能を利用可能だ!まずは無料で試すといいだろう。

まとめ︰やっと出会えたオールインワンアプリ

Avatar image
シゲ
これがあれば大抵のことは済む。そして使ってる人が少ないのでオリジナリティが出せる。もう僕は敵なし。敵が無いと書いて字のごとく無敵だ。

iPhone Xだけで完結するワークフローをミニマライズすればアンリミテッドなブログライティングがクッド。クッジュー。

ありがとうAnnotable。

Annotable — 究極の画像注釈アプリ

Annotable — 究極の画像注釈アプリ
開発元:Ling Wang
無料
posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを

コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)